塾代なと゜20万円以上47% - 教育費用・資金計画 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

塾代なと゜20万円以上47%

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. 教育費用・資金計画

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

少し前になりますが、日経新聞の記事によると、

子どもが公立中学校に通う家庭の半数近くが、

学習塾代や家庭教師代などに、

1人当たり年間20万円以上を支出していることが、

文部科学省が発表した2010年度『子どもの学習費調査』で分かった。

 

世帯年収が比較的低い家庭も20万円弱を支出しており、

不況下でも子ども学力向上にはお金を惜しまない親が多いことがうかがえる。

 

塾や家庭教師、通信添削、参考書購入などにかかる『補助学習費』は、

公立中学校で1人当たり平均22万9千円。

前回調査(08年度)に比べると4.8%減ったものの、

全体の47%が20万円以上を支出していた。

 

支出額1円以上10万円未満は29.9%、

10万円以上20万円未満は18.6%を占めた。

とのことです。

 

実際にプランニングを行っていると、

年間をとおしての塾代は20万円では収まっていない家庭がほとんどです。

『教育資金』は『住宅購入』や『老後資金』と並んで、

人生の中でもお金のかかるライフイベントとなりますので、

早めの準備が大切です。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 教育資金が心配な方のための住宅ローン相談(提案書&CF表付)

将来予定している『教育資金』と、無理のない『住宅ローン』返済ための資金対策プランをご提案します。

料金
30,000円

あくまでも個人の方のマネー相談や、ライフプラン設計にこだわり、
10年以上の実績と経験が、あなたの将来の夢の実現のためにアドバイスいたします。

教育資金が心配な方のための住宅ローン相談(提案書&CF表付)

このコラムに類似したコラム

学習費 私立は3.4倍 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/02 09:27)

奨学金猶予『知らぬ』57% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/07/22 09:40)

ジュニアNISAの運用は誰が行うの? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/10 18:35)

男児『肥満傾向』25% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/26 18:06)

なぜ「学資保険」に加入するのですか? 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/11 07:00)