長期金利1.46%まで低下!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期金利1.46%まで低下!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
おはようございます!
めっきり寒くなってきましたね。

寒くなったといえば、株式相場も、“お寒い“相場となっています。

ここにきて、日経平均など株価が大幅に下落しました。

またそれに伴い、債券が買われて長期金利は1年10か月ぶりの低い水準となっています。

16日の新発10年物国債利回りは、一時1.46%にまで低下しました。


サブプライムの影響で、金融機関の大幅な評価損などを受けて、投資資金は「株式」から「債券」へ向かっているようです。

国内においては、景気の“減速感”もあり、ちょっと湿った雰囲気になってきましたね。


実際、今回の“円高”“株安”で、FXやディトレなどを行っている個人投資家の中には、かなりの損失を出した人もいました。

相場を張ることは決して悪いことではありませんが、問題は自分のお財布の中身をきちんと分けておく(分別管理)ことですね。

ハイリスクハイリターンな取引をする資金と、中長期に資産形成していく資金をきちんとわけておくことが、重要なポイントです。

実際にポートフォリオできちんと運用している方は、今回の“サブプライム”のような問題が起きても、資産を大きく目減りさせるようなことはありません(逆にプラスになった方も、結構いらっしゃいました)。

まだ「ポートフォリオ運用」をされてない方は、一度をきちんと考えてみてはいかがでしょうか。


さて、昨日メルマガを発行しております。

今回は、サブプライムの影響について、「商品系ファンド」で検証を行っています。

株や債券が下がった時に、大きく収益を上げている商品系ファンドは結構あります。
このあたりが、“分散効果”と言えるでしょう。

ご興味がある方は、ご覧ください。
http://blog.mag2.com/m/log/0000121186/


では、風邪やインフルエンザが流行っていますので、「お金の管理」とともに、「健康管理」にもお気をつけて!
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。