社内報のリニュアル - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報のリニュアル

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

社内報をリニュアルするにはどうしたらいいか

結局のところ、

誰が読者で、その読者の期待に応えられているか

それを考えることだと思う

 

表紙をリニュアルしたい

台割をリニュアルしたい

本文のデザインのテイストをリニュアルしたい、等々

リニュアルするポイントを、まずは考える

 

それって、読者の要望なの?

それにより、読者の満足が高まるの?

さらに読んでもらえるものになるの?

 

編集者の自己満足ではなく

ただ単に他社もやるから、ではなく

飽きがきているからという編集者の気持ちだけではなく

読者はどう思っているのか、が大事

 

編集者は毎号並べて、

前年の号を読み比べて企画立案をしている

だから、飽きがくるのかもしれない

 

しかし、読者は、そもそも読んでいるのかも怪しく

そして、前年の号、ましてや前号のことも覚えているのかどうか

 

編集者の感じ方を基準にするのではなく、

あくまでも、読者主体にして

どうしたら手にとってもらえるのか

どういう内容なら、読もうと思うのか

どういうデザイン、書き方なら読んでもらえるのか

 

そんなところを、アンケートに頼るのではなく

個々にヒアリング、本音を引き出し、それをベースとして

リニュアルを考える

それが大事だと思う

 

リニュアルしようがしまいが、

いかに読まれるか

それの追求が永遠の課題であるから

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

大阪で社内報セミナーを開催します。 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/27 23:18)

社内報にも3D 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/04 23:52)

社内報も成長する その二 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/12 22:29)

社内報編集が好きになるには 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/01/20 13:10)

社内報の目的 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/01/20 13:05)