預金とMMFどちらがお得? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

預金とMMFどちらがお得?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
安定型金融商品一覧 MRF・MMF
みなさんにも、投資をしてみたい気持ちはあるけどなんか怖い。といった気持ちをもたれている方、まだまだ多いんじゃないでしょうか。

軽い気持ちで始めるのに、私はまずMMFを検討してみてはどうかと考えています。

MMFは「マネーマネージメントファンド」とか、「マネーマーケットファンド」などと呼ばれているもので投資信託です。

主に、短期公社債や短期の金融商品を中心とした公社債投資信託と呼ばれるもので、元本の安全性を重視した投資信託となっており、当然株式は一切組み入れておりません。

ただ投資信託であるため、元本の保証はありませんが、過去にわずかに元本割れをした程度で、実際ほとんど怯えるほどの下落はしないと思ってもいい位のものです。

MMFは預金に限りなく近い商品のため高利回りは期待できませんが、定期預金とほぼ同じかわずかに上回る程度と思えばイメージしやすいでしょう。

又、普通預金は当然出し入れ自由ですが、MMFは、買付後30日を過ぎれば普通預金同様に引き出すことができます。
買付後保有期間が30日未満の場合は、引き出すことはできますが、信託財産留保額という一種の手数料を支払う必要があるので注意しなければなりません。

定期預金も引き出せますが、運用期間内の引き出しの場合普通預金なみの金利となってしまうことを考えると、下落した金利分が手数料と同じ考え方となるでしょう。

結論、1ヶ月以内に使うお金は普通預金。1ヶ月程度寝かせておくなら定期預金と、MMFの利回りのいい方、1ヶ月以上の短期ならMMFの方がいいのではないでしょうか。

ただし、定期預金は総合口座で貸越できるが、MMFではできませんので、資金に余裕がないときは、定期預金にしておいた方がいいと思いますよ。

参考までに。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。