ゴール(目標)設定型の8つの質問 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

阿江 忠司
コーチングOFFICE「気心地」 代表
兵庫県
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴール(目標)設定型の8つの質問

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般

問題回避型のコラムでも書きましたが

人は問題を避ける為に行動するタイプと

ゴール(目標)を設定してそれを達成しようと行動するタイプがあります。

あなたはどちらの方が多いでしょうか?

必ずしもどちらかに限定されるものではないかもしれません。

状況によって変わることもあるでしょう。

でも、どちらにしても前に進むためには問題や目標へのアプローチが必要です。

コーチはクライアントが問題回避型なのか目標設定型なのかを見分け

そのタイプ別のアプローチします。

ゴール(目標設定型)の8つの質問

1.あなたの欲しい成果は、具体的になんですか?

 

2.成果が手に入ったことは、どのようにわかりますか?

 

3.成果は、いつ、どこで、誰とつくりますか?

 

4.それを手に入れるとどうなりますか?

 

5.あなたがすでに持っているリソース(才能、経験、ネットワーク、知識etc)は何ですか?

 成果を手に入れるために、さらに必要なリソースは何ですか?

 

6.現在、成果を手に入れるのを妨げているのは何ですか?

 

7.成果を手に入れることは、あなたにとって、どのような意味がありますか?

 

8.まず、何から始めますか?

 

問題回避型、ゴール設定型と質問を書きましたが答えられたでしょうか?

上手く答えられないかもしれません。

これは、紙に書かれているから文字であらわされていると言うことと

自分一人で対話しているからと言うことからかも知れません。

誰かに質問して貰ってその答えを聞いてもらう事が非常に有効です。

人は誰かに話すことによって自分もそれを聞き確認すると言う

構造になっているからです。

コーチは聴くための訓練を受けています。

聴くことの専門家です、だからコーチとの対話は通常の人に比べ格段に違うはずです。

 

このコラムに類似したコラム

前向きな言動一致 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/09/15 11:31)

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その68 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/09/04 06:41)

新人店長は「自分の店の将来を妄想」しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/02/21 07:00)

新人店長は「目的と目標と手段」の違いを理解しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/02/17 06:52)