マネジャーは、「ビジョンを描き、わくわくを高める」人であれ3 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マネジャーは、「ビジョンを描き、わくわくを高める」人であれ3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
プロとして生きる! キャリアを磨こう

マネジャーの役割。多岐にわたっており、人を相手にするだけに、疲れることも多いでしょう。

ストレスフルになって、ご自身のモチベーションが保てなくなる人も多いのが現実。

そんなマネジャーの皆さんに、原点に戻って役割に徹していただけるよう応援するコラム 第3回です。

目的と手段を常に意識していますか?

ある学校では、今年から、生徒の違反に対し、カードを渡すことにされたそうです。

ところが・・・

本来の目的は、マナーを身につけさせる、意識を高く持たせるなどであったはずですが、

取り組み始めてわずかな内に、カードを渡すことが目的になってしまっており、

生徒との間のコミュニケーションが失われ、信頼関係が希薄になってしまったように見受けられます。

これは、学校の中の話ですが、就業規則の正しい運用を目指す際、同じことがよく起こり、ご相談を受けることがしばしばあります。

どんなことでも同じだと思うのですが、

部下に指示をする時は、必ず目的と意義を明確に伝え、マネジャーの皆さんと同じイメージを描かせてから

行動させるようにしましょう。

この手順は、少々、時間を要するかもしれませんが、手を抜いたり、時間を使い惜しんだりしないようにしましょう。

人が行動するためには、腑に落ちなければなりません。

腑に落とすには、目的と意義が必要です。また、目的と手段が混同されては、目標は達成できません。

動かし始めた後も、この点をよく観察してくださいね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

苦手な人との距離の取り方(2016/12/06 10:12)

「目を養おうよ!」(2016/12/05 16:12)

人生の基本は・・・(2016/12/04 09:12)

このコラムに類似したコラム

新人店長は「自分の店の将来を妄想」しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/02/21 07:00)

ゴール(目標)設定型の8つの質問 阿江 忠司 - ビジネスコーチ(2012/01/15 14:00)

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その68 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/09/04 06:41)

新人店長は「目的と目標と手段」の違いを理解しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/02/17 06:52)

新人店長は「小さな達成感」を大切にしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/01/10 07:08)