「専門家集団」を作るために  組織力【3】 - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

有限会社カメリアエンタープライズ 代表取締役
ビジネススキル講師、マナー講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「専門家集団」を作るために  組織力【3】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
人を育てる

 

前回述べさせていただきましたが、企業の中に各セクションのプロ ( 専門家 ) が育たないのは、あまりにも安易な 「 一元化教育 」 「 労務の一元化体制 」 にも大きな問題があります。

 

「営業」 「企画戦略」 「接客」 「システム管理」 「制作」 など、各部門の業務というものは、人員シフトも、労務時間も、休日数も、行動範囲も、必要経費や人づきあいの仕方も、いわば 「 ビジネススタイル 」 が全く異なるはずです。

 

[外見(姿形)」 もしかり。 1人1人、プロフェッショナルとしてあるべき身なりは 当然全く別のものです。

 

そして、求められる 「必要スキル」 こそ、セクションごとに天地の差。

 

いつまでも合同研修や、同じプログラムでの教育、人材育成を行うのでは意味がない。 時に、逆行した意識づくりをさせかねないものです。

接客応対のプロを育てたいのなら、まずはその最高レベルの仕事を見せる。そのために一流のプロフェッショナルのトレーニングを受けさせるのは 当然のことでしょう。

営業のプロを育てたいのなら、まずは一流のビジネスマナーを身につけ、セルフプロデュース力と会話能力を徹底的に磨くべきです。 商品知識や数字だけでなく、コミュニケーション術のプロ研修や講演にはどんどん参加させた方がいい。

専門家になるには、その手腕においての弛まない 「訓練」 と、常に一流や本物を見る環境が絶対条件です。

言い方を変えれば、プロを育てるためには時間とお金がかかる。

 

もっともっと柔軟かつ的確な発想と体制が求められています。

1人1人の専門能力 ( あるいは潜在能力 ) と、モチベーションを確実に高めていくためには、部門ごとの人材育成システムを構築していって下さい。

 

「専門家集団」 の企業こそが、今の日本に求められています。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネススキル講師、マナー講師)
有限会社カメリアエンタープライズ 代表取締役

「企業のイメージアップ」と「サービス力向上」は人材教育から

良い「接客」と「ホスピタリティ」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで、「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわります。自分自身の25年以上の接客経験が、現場の方々からも共感をいただいております。

カテゴリ 「人を育てる」のコラム

がんばれ ! 新人教育 【5】(2012/04/09 18:04)

このコラムに類似したコラム

現場 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/08/07 19:55)

チームを引っ張るリーダーシップ&リーダーノウハウ研修 開催の件 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/08/10 19:00)

終活事情とエンディングノートセミナー講師を行ってきました|東京都杉並区 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/23 08:00)

証券会社で社員研修を行ってきました|東京都内 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/04 08:00)