ロングステイ先での銀行選びは慎重に - 外国生活 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロングステイ先での銀行選びは慎重に

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国生活
ロングステイ 海外ロングステイ

外貨は持ち出しましたが、日本からの送金は相手先である滞在先の銀行の口座を開設する必要があります。その際には現地での評判やATMの所在地など使い勝手の確認が必要です。

現地にお知り合いが居ればその方から、居ない場合でもロングステイ財団の海外サロンなどで確かめましょう。

現地は日本とは違います。
広大な広さを誇るアメリカやオーストラリアでは、大都会ではなく自然に近い場所でのロングステイは、ATMまでの距離も遠く、車で行かなければなりません。
また、銀行の支店自体も日本とは異なり、数が少なく支店に行くのに数時間を費やすこともあります。

このようなことの無い様、予めHPなどで銀行の支店やサービスを確認しましょう。また、長期に滞在する予定の場合には、事前のトライアル旅行の中での銀行調べは欠かせません。

・ロングステイで日本を出る前に現地銀行の口座を取得しましょう。

資金の受け入れだけでなく、長期滞在であれば、銀行口座がなければ、現地通貨での決済などで不便です。

日本の銀行との違い、例えば日本語のできるスタッフは居るのか、居なければ英語が通じる支店があるか等々言、葉の関係、日本のように窓口で笑顔で応対してくれない国々も沢山あります。

これらを確認すると共に、長期滞在では、当該銀行の金利(通常はHPで確認できます)はどのレベルなのかも調べましょう。金利は、6%、8%など日本とはレベルが異なる国が沢山あります。このような国では各行の提示している金利にも差があります。

なお、外国銀行の中には日本支店に口座開設すると、海外の口座開設を支援する場合が有ります。
これは現地に行かずに済みますから、日本で確認しておくサービスの一つと思います。

なお、外国の銀行では最低預入残高の維持が必要です。

日本でも近頃は一定レベルの残高があることでサービス料金が無料になることがありますが、外国銀行の多くは、一定金額を下回ると口座維持管理手数料が必要となるケースがあります。このような規定の有無や、規定がある場合には常に残高確認が必要になります。

文責
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー、
ファイナンシャル・プランナー 吉野充巨

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ロングステイ」のコラム

このコラムに類似したコラム

国内か海外か?近年の傾向からどちらのMBAに価値を見出すか。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/01/30 07:00)

MBAビジネススクールの知っておくべき最新事情 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2014/09/23 08:00)

ロングステイ フェアー2012に参加して 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/26 10:00)

ロングステイ経験有りの方の滞在経験のある国 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/02 10:00)

MBAは役に立つのですか?キャリアアップにつながるのですか? 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2016/01/06 06:00)