No.189 “モノではなく価値を売る”ベネッセ海外展開 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.189 “モノではなく価値を売る”ベネッセ海外展開

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

ブランディングのアプローチでビジネスを加速させるご提案
アイディーテンジャパン(http://www.id10.jp)。
==============================================================
No.189 “モノではなく価値を売る”ベネッセ海外展開の成功ポイント
--------------------------------------------------------------
“選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン      2011.10.24

 ブランディングニュース『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
【お知らせ:弊社代表のFacebookページ公開中】

アイディーテンジャパン代表・澤田且成のFacebookページを公開中です。
Facebookのアカウントがなくても閲覧可能!
⇒ http://www.facebook.com/KatsunariSawada
-----------------------------------

こんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

今日10月24日は、暦の上では「霜降」を迎えます。

霧が冷気によって霜になるという意味のように、今朝は
冷え込みが激しかった地域もあるのではないでしょうか。

風邪が流行する時期ですので、お身体にはお気を付けください。

さて、今回のブランディングニュース
『世界で活躍するニッポン・ブランド』は、子どもを持たれる方に
お馴染みの「こどもちゃれんじ」を取り上げます。

しまじろうの可愛らしいキャラクターと、
子どもが楽しみながら学習できる「こどもちゃれんじ」は、
今や台湾、香港、韓国でも人気となっています。

一般的には語学を除き、外資系企業が成功するのは難しいとされる
教育事業において、ベネッセは順調な拡大を見せており、
会員数はアジアで39万人、中国で10万人に達しています。

今回は、ベネッセの成功事例をもとに、
海外での事業展開を左右するいくつかのポイントと
根幹部分の重要性について、考えていきたいと思います。

株式会社ベネッセコーポレーション
http://www.benesse.co.jp/


*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
“モノではなく価値を売る”ベネッセ海外展開の成功ポイント

[2] 編集後記

[3] 採用情報

--------------------------------------------------------------
[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
“モノではなく価値を売る”ベネッセ海外展開の成功ポイント
--------------------------------------------------------------
■ 難しい教育事業で海外展開するいくつかのポイント

ベネッセが展開する教育講座「こどもちゃれんじ」は
0~6歳をカバーするもの。

この時期といえば、人間とした生を受けた赤ちゃんが、
社会生活を営むために必要な知識や習慣を身につける頃です。

話している言葉、生活環境、文化・風土、親が求めるニーズ・・・
これらは各国・地域で大きな違いがあり、
外資系企業が成功することは、相当困難なことが想像できます。

それでも壁を乗り越え、海外展開を成功させてきたベネッセの
ポイントというものを考えていきたいと思います。


まずは「単なる翻訳商品ではない」ということが挙げられます。

消費者へのリサーチを重ね、教育ニーズを深く掘り下げるとともに、
風土や習慣に沿った変化もつけています。

有名な例では、教育への熱心さが各国で異なるため、
中国や台湾では少し難易度の高い内容、
韓国ではボリュームを増やした商品設計を、
また今の時期は秋のお月見シーズンながら、
台風が多く襲い来る台湾は、別途特集を構築するそうです。

こうした努力の積み重ねによる商品設計が功を奏し、
会員数はアジアで39万人まで伸ばしています。

さらに、根幹となる価値観と理念から生まれた商品ということも
海外で認められた重要なポイントです。

「子どもにとって、家族にとって本当に必要なものを届けたい」
どんな国であっても共通する、親の心を理解した理念を
企業として明示し、商品・サービスへの信頼が高めました。

もう一点着目したいのは、
販売には欠かせない企業間のパートナーシップについて。

代理人を置いたり、現地法人に任せきりにせず、
何年もかけて日本から直接社員が交渉に足を運ばせることで、
担当者間には信頼関係が生まれ、それが安定感へとつながりました。

単なる利益拡大、マーケット創出のために海外に手を広げ、
場当たり的な問題対処や効率のいい立ち回りをしていては
その先に成功はない。

まだまだポイントは多数ありますが、
上記の点だけでも、私たちが学ぶことは多くあります。

続きはこちら

⇒ http://www.id10.jp/brandingnews/111024

このコラムに類似したコラム

海外ビジネス戦略推進支援事業のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/04/28 11:29)

海外ビジネス戦略推進支援事業のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/03/25 11:11)

中小企業海外展開支援セミナーのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/02/10 11:06)

平成25年度「中小企業海外展開支援事業」のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/03/28 10:46)