フラット35S 1%金利優遇が復活?! - 住宅ローン審査 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フラット35S 1%金利優遇が復活?!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン審査

<フラット35S> 適用対象を 「省エネ住宅」 に限定し復活

国土交通省は21日、9月末で申し込み受け付けを終了する長期固定金利型住宅ローン

「フラット35S」 の金利1%引き下げ措置について、11年度第3次補正予算で財源を確保し、

適用対象を 「省エネルギー性に優れた住宅を取得した場合」 に限定して、

今年度中に復活を目指す方針を明らかにした。

現在のフラット35Sは、省エネルギー性のほか、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性の

いずれかに優れた住宅を取得した場合が対象。

最長35年間にわたって適用金利が固定されるのが基本のローン 「フラット35」 の特徴だが、

現在の 「35S」 は当初10年間について、 「35」 より1%低い優遇金利を適用している。

元々の金利引き下げ幅は0.3%だったが、昨年2月から1%に拡大した。

ところが利用者が想定より多かったため、同省は8月、今年12月末としていた受付期限を

3カ月前倒しすることを決めていた。 (9月22日 毎日新聞)



住宅エコポイントの復活に続き、

フラット35Sの▲1%金利優遇も 対象住宅限定で3次補正予算案に盛り込まれるそうです。

従来のフラット35Sは、4つある基準 (省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性) の内、

いずれか1つ以上の基準を満たすことが必要でした。

しかし、今回は省エネルギー性住宅のみを対象としています。

これは 住宅エコポイントと連動しているのですかね?

いずれにせよ、まだ補正予算が成立したわけではないので、今後の動向に注目していきたいと思います。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

何故、フラット35からフラット35への借り換えができるのか 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/19 07:00)

フラット35に銀行の信用力は関係ありません 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/06 07:00)

【マイナス金利でローン借換えは絶好のチャンス!】住宅ローンの返済計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/03/01 17:00)

マイナス金利の導入 ~今がお金の借り時なのか?~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/01/30 20:39)

2016年12月のフラット35と災害復興融資 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/01 12:00)