旅館やホテルの外見・表情 - 接遇・接客マナー研修 - 専門家プロファイル

菅沼 恵
メイクアップ・研修トレーナー
東京都
イメージコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

旅館やホテルの外見・表情

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. 接遇・接客マナー研修
セミナー

先日、某ホテルのフロント等お客様に接する方々の身だしなみ・表情づくり研修に伺いました。

ホテルや旅館の方々に私はいつもお伝えするのは・・・

身だしなみやマナーは出来ていて当たり前ですが、それ以上に大切な事は

お客様に対して気持ちを込めていますか?ということです。

いくらキレイな表情で正しい言葉遣いであっても

気持ちも入れず棒読み!または無表情で接客したならばきっと

「いらっしゃいませ・・・・・・」などとお伝えしたとしても

お客様には届きませんし、場合によっては嫌な気持ちにすら感じてしまうことも・・・

お客様は敏感です。他のホテルや旅館に泊まりなれた方ほど感じてしまいます。

このホテルは感じが良い!また来たい!そう感じる要因の半分以上は施設などのハード面ではなく

そこで働く方々の接客や“思い”が重要な要因です。

たとえ新人の方がミスをしてしまったとしても、心からのお詫びと出来る限りの処置ができれば

もうこのホテルには来ない!という選択にはなることはほとんどありません。

しかし、マニュアル通りのお詫びを無表情でつげられ、あとは上司が対処して本人は知らんふりなどでは・・・

このホテルはこのレベルか・・・!もう来るのはやめよう!!口にはだしませんが心で思うことでしょう。

あなたは心からお客様に接していますか?

 

 

 

このコラムに類似したコラム

接遇診断コラム/美味しいだけでは名店になれない 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/06/03 08:00)

接遇診断コラム/湯呑みのサイズが心地よい接客の妨げに… 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/07/05 10:53)

「顔」としての自覚 雅 ふみこ - ビジネススキル講師(2012/05/12 12:41)

非日常を演出する難しさ 竹内 和美 - 研修講師(2015/02/21 16:24)