20代『老後は年金で』38%(厚労省調べ) - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

20代『老後は年金で』38%(厚労省調べ)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、

渡辺です。

日本経済新聞の記事によると、

若年層の間で、公的年金に頼らずに老後の生計を立てようとする傾向が強まっていることが、

厚生労働省が25日に発表した意識調査で分かったとのことです。

 

65歳以上では全体の約77%が公的年金を当てにしているが、

20歳代では約38%にとどまっているとのことです。

 

また、老後への不安から、民間の個人年金に加入する人も全体の16%にのぼったとのことです。

 

厚労省の発表は、改めて若年層の間で年金不信がはっきりと裏付けられたデータと言えます。

尚、民間の個人年金の場合、

年金の支払い期間につきましては、

国民年金のような終身型はほとんどなく、

有期型の個人年金がほとんどとなります。

 

また、記事によると、若年層のうち年金以外の生計の手段として『就労』を挙げた人が全体の42.2%、

『貯蓄や退職金の取り崩し』が12.1%を占めたとのことですが、

老後資金を確保していくにあたって、

高齢になってからの就労は実際問題としては厳しいと思われますので、

最低限の収入を確保する手段として、

公的年金には加入しておくことをお勧めします。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関す不安や悩みを解消するリアルビジョン 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 夢を実現できるライフプラン設計(提案書&ライフプラン表付)

将来予定している『教育資金』、『住宅購入資金』、『老後資金』などの資金対策を行います。

料金
30,000円

あくまでも個人の方のマネー相談や、ライフプラン設計にこだわり、
10年以上の実績と経験が、あなたの将来の夢の実現のためにアドバイスします。

夢を実現できるライフプラン設計(提案書&ライフプラン表付)

このコラムに類似したコラム

老後生活費、4,440万円不足 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/05/24 09:00)

サラリーマンの4割は老後難民?! 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/09/27 12:08)

老後の生活と退職金 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/08/21 09:00)

30年後の、子のマイホーム購入。BC化した先進国での資金援助 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/10/31 09:00)

公務員の「退職時の必要貯金額」。 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2014/03/03 09:13)