個人間売買 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人間売買

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

不動産取引を行う際には、

 

不動産会社を利用することがほとんだと思います。

 

 

しかし、

 

 

「個人間売買」

 

 

と言って、

 

不動産業者を通さずに売主・買主で直接契約を交わすこともあります。

 

その場合の契約書類は、

 

文具店などで売っている市販の契約書を使うことが多いようです。

 

 

「諾成(だくせい)契約の原則」

 

 

と言って、本来は口頭だけで売買契約は成立しますので、

 

契約書を取り交わす必要はありません。

 

 

ただ、賃貸契約などの少額は別として、

 

契約書のない不動産売買契約を私は見たことがありませんし、

 

お勧めはしません。

 

互いに良く知っている相手との個人間売買とはいえ、

 

契約書は交わした方がいいでしょう。

 

 

なぜなら、契約書というのは、

 

不測の事態が起きた時に、

 

どう処理するかを示した取り決め書でもあります。

 

問題が起きたら、勝手知ったる間柄とは言え揉めるはずで、

 

お金が絡む話であればなおさらです。

 

 

仲介業者を間に入れないため、

 

手数料がかからずお得に感じるかもしれません。

 

しかし不動産知識に沿った、公平な契約書を交わしておくことは、

 

なにかあった時の保険になりますし、

 

トラブルが起きたときには証拠となります。

 

 

手数料はその為の「保険料」と割り切ってしまうと良いかもしれません。

このコラムに類似したコラム

不動産売買 トラブル相談例⑤【建築条件付きの土地の注意点③】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/03/31 09:00)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

仲介業者のおかしなルール 西村 和敏 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/04 09:00)

不動産売買 トラブル相談例⑧【取引の注意点:引渡日の強制】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/10/26 11:42)