【日本の銀行、いつまで国債を買うの?】 あと何年? - 借金返済・債務整理 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:借金・債務整理

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【日本の銀行、いつまで国債を買うの?】 あと何年?

- good

  1. マネー
  2. 借金・債務整理
  3. 借金返済・債務整理
金融

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

日本の国債は、いくら増えても9割以上が国内で保有されているため、暴落することもなく、いくらでも国債発行ができると言われています。

しかし、日経新聞の記事の中に、「日本の国内銀行はいつまで国債残高を積み増すことができるのか?」というゴールドマン・サックス証券のレポートが紹介されていました。

レポートでは、社会の高齢化に伴い、生活資金の確保のために預金を取り崩し始めます。

そして、その分だけ銀行の余力がなくなり、2016~19年度にかけて、国債の保有残高を増やせなくなる可能性があるそうです。




また、「日本国債の国内消化構造はいつまで維持できるか」という三菱東京UFJ銀行のレポートを読むと、
「全人口に対する60歳以上人口の比率が30%台半ばに達する2010年代後半以降、 貯蓄率は小幅マイナスに転じ」、貯蓄の取り崩しがはじまるそうです。


さらに、このレポートでは、4つのシナリオでシュミレーションをしています。

その内、
・消費税率が5%のまま (=増税ができない)、 
・企業の銀行借入が増えていく (=企業の収益が悪化)
という最悪のケース場合 (つまり、国内銀行が国債を買えなくなるケース)では、国債の「2020年度の海外保有比率は26.6%と足元(6.2%)から大きく上昇」する、と予測しています。


もし国内の銀行が国債を買えなくなると、国債の価格は安くなり、利率が上昇します。

そして最悪、ギリシアなどのように、国家破綻し、ハイパーインフレーションが起きる、とまで言う人もいます。


以前、あるセミナーで、都銀を中心に金融機関では、長期の国債から、ほぼ1年以内に償還する短期の国債を中心とした保有に切り替えている、と聞いたことがあります。

日経新聞にも、同じようなことが小さく書かれていたことがありました。



実際、日本国債がいつ、どうなるのか、正直よくわかりませんが、これからはリターンだけではなく、リスク管理面も含めた余剰資金の運用が、企業も個人も大切になってきますね。



よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「金融」のコラム

このコラムに類似したコラム

中小企業金融円滑化法での中小企業に対する救済 村田 英幸 - 弁護士(2012/02/25 06:30)

中小企業金融円滑化法の対象となる「金融機関」 村田 英幸 - 弁護士(2012/02/25 06:12)

借金体質改善コラム 第4回 「信じるものは救われる。」 若林 正昭 - 司法書士(2011/12/01 18:03)