生活防衛|災害対策|FP的視点 その2 - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

TohLプランニング 代表
静岡県
ファイナンシャルプランナー
054-277-9107
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生活防衛|災害対策|FP的視点 その2

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
ライフプランニング 全般 ライフプランニング コンサルティング

このコラム内容は、

◆日本FP協会:生活防衛のための災害対策ガイドブックhttp://www.jafp.or.jp/knowledge/saigaitaisaku/

 ◆日経ヴィリタス2011.07.03号

を参考として、アップしています。

 東日本大震災で、生命保険、受け取れないケースが多発しています。

 ガイドブックや上記の記事、これらをベースに、私が感じた「震災前の対応策」挙げてみようと思います。

 大切なキーワードは、

●情報の家族共有

●資産・情報の事前チェック

●個人情報の最重管理

 今回の大切なキーワードは、●資産・情報の事前チェック、です。

 

<<ケースB>>

「生命保険の受取人が自分ではなかった!」

 専業主婦Bさんがいる。

今回の震災で夫を亡くし、死亡保険金を請求しようとした。

保険会社に問い合わせると、同じく震災で亡くなった夫の

母親が保険の受取人になっていると知った。

(父親は、すでに他界している)

 

当該保険は、夫が独身だったときに契約したもので、契約当初、

母親を受取人としていた。

夫は、結婚後、「受取人を妻に変更する」のを忘れていたのだ。

 <ご参考>

このケースでは、妻のBさんには死亡保険金を受け取る権利はない。

夫の母親も亡くなっているため、権利を有するのはその相続人、

亡夫の兄弟等になる。

 ●資産・情報の事前チェック、その変更がいかに重要か、身に沁みるケースだ。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / ファイナンシャルプランナー)
TohLプランニング 代表

FP業務最上流工程ライフデザインの、"生きがい"部分サポート!

貴方のライフデザインの、"生きがい"部分をサポートします!。”元”銀行員で証券マン、IT技術者のFPが、貴方のライフプランから、ITに関わるご相談、災害対策まで総合的にサポートします

054-277-9107
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランニング 全般」のコラム

相続税・贈与税の基礎知識(2014/08/06 14:08)

このコラムに類似したコラム

地震による免責条項は不適用 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/21 18:00)

養老保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/04 07:00)

保険料無料のリビングニーズ特約の注意点 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/01 17:30)

責任準備金ってご存知ですか? 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/18 07:07)

かんぽ生命の不払いが発覚 宮下 達裕 - 保険アドバイザー(2012/12/01 10:46)