生活防衛|災害対策|FP的視点 その3 - 医療保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

TohLプランニング 代表
静岡県
ファイナンシャルプランナー
054-277-9107
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生活防衛|災害対策|FP的視点 その3

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 医療保険の加入・見直し
ライフプランニング 全般 ライフプランニング コンサルティング

このコラム内容は、 

◆日本FP協会:生活防衛のための災害対策ガイドブック

http://www.jafp.or.jp/knowledge/saigaitaisaku/

 ◆日経ヴィリタス2011.07.03号

を参考として、アップしています。

 東日本大震災で、生命保険、受け取れないケースが多発しています。

 ガイドブックや上記の記事、これらをベースに、私が感じた「震災前の対応策」を

挙げています。

大切なキーワードは、

●情報の家族共有

●資産・情報の事前チェック

●個人情報の最重管理

 今回も、大切なキーワードは、●資産・情報の事前チェック、です。

 <<ケースC>>

自営業者Cさんは、入院保険に加入していた。

今回の震災で意識不明に陥り。長期の入院が避けられなくなった。

Cさんの妻は、当座の資金を確保しようと保険会社に保険金の支払いを

請求しようとした。

しかしながら、保険会社は「保険金を請求できる権利はCさん本人しかない」

と言ってきた。

 <問題点と対策>

いざというときに保険金を請求できるのは、予め保険金受取人として

指定された者だけである。

今回のような入院保険のケースでは、契約者本人が受取人となっているのが

一般的。

 

こうした事態に備えるため、「指定代理請求」がある。

今回のケース、Cさんが予め妻を「指定代理人」にしておけば、妻は請求が可能。

スムースな保険金請求のためにも、是非、「指定代理請求」制度を活用したい。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(静岡県 / ファイナンシャルプランナー)
TohLプランニング 代表

FP業務最上流工程ライフデザインの、"生きがい"部分サポート!

貴方のライフデザインの、"生きがい"部分をサポートします!。”元”銀行員で証券マン、IT技術者のFPが、貴方のライフプランから、ITに関わるご相談、災害対策まで総合的にサポートします

054-277-9107
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランニング 全般」のコラム

相続税・贈与税の基礎知識(2014/08/06 14:08)

このコラムに類似したコラム

保険料無料のリビングニーズ特約の注意点 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/01 17:30)

海外へ転勤、医療保険の給付金はどうなる? 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/28 15:00)

生活防衛|災害対策|FP的視点 その2 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/05 23:02)

保険 見直し 医療保険 1 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/02 00:35)

医療保険の選び方 3.高額医療費 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/06 19:00)