米国の債務危機が世界のマーケットを揺らしている - 外貨預金・MMF - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国の債務危機が世界のマーケットを揺らしている

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 外貨預金・MMF

1.「知恵の木」流、日経ヴェリタス最新金融情報徹底解読
● 米債務危機の悪夢 瀬戸際のAAA 緊迫する市場 ●
-2011年7月31日日経ヴェリタスp1より伊藤誠の特選記事-

米国の債務危機が世界のマーケットを揺らしている

国庫(米国)の現金が底をつきつつあるそうです。
最悪の場合は8月上旬に米国債の元利払いが滞り
デフォルト(債務不履行)となるというのです。
債務不履行とは、借りたお金を返せなくなること
会社で言えば「倒産」です。

オバマ政権は新たな借り入れを認める法案の可決を
議会に求めてきましたが
与野党の合意に達していない状況です。

米国では法律で政府が借金できる上限が定められているため
議会が上限引き上げを認めないと、
資金繰りは行き詰るのです。

■世界中の投資家が保有する米国債

最高位の信用力を示す格付けAAAを持つ米国債は
世界中の投資家が保有しています。

この非常事態を受け、
投資マネーはリスク回避
「円高・ステスフラン高・GOLD高」
に動きだしています。

■主要国の政府債務残高とGDP比率をごらんください

日本   約1100兆円220%
米国   約1000兆円91%
ドイツ  約200兆円79%
イタリア  約200兆円119%
フランス  約200兆円84%
韓国      約20兆円30%

■米国がAAAではなくなる?

今週はこの問題を取り上げないわけにはいきません。
世界中が注目しています。
「米国がAAAではなくなる」という事態です。

しかし、米国は、海外からの資金流入が期待でき、
先進国では人口が増加する数少ない国。
中長期的には財政健全化の余地は大きい
という見方もあります。

■私の見方はこうです

○国の借金に上限を決めているのは正しい
○国の借金が返せない場合に公務員や軍人の
給与凍結があり得るのはすごい
○日本の借金は改めて「とんでもない規模」である

今回、米国では法律で政府が借金できる上限に達し、
上限引き上げが政治的に難航していることが問題で
極めて政治的色彩が強いようです。

ギリシャ・スペイン・ポルトガル・イタリア・米国と
今、世界中で国の借金が問題になっていて、
緊縮財政や増税が行われています。

世界でとびぬけ断トツNO1の借金国日本が、
こんなにのんきで良いはずがありません。

■物事は最終的には、あるべき方向に向かいます

日本がこのまま無事でいられるとは
どうしても考えられないのです。

FP知恵の木では、少子高齢化時代の資産形成について、
毎週無料メールマガジンを配信しています。
よろしかったら、この機会にぜひご登録ください!
http://www.chienoki.com/seminar06.php

このコラムに類似したコラム

日本の国債を外国人が買い始めた 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/19 18:30)

政変の年2012年問題に備えよ 伊藤 誠 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/12 18:00)

世界景気に連動 分かりやすい豪ドル 伊藤 誠 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/07 18:00)

政府が民間を超えたとき。。。 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/09/25 17:48)

世界最悪の国債残高・債務残高を確認しよう 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/29 17:26)