様々なギターの種類 - ギター・エレキギター - 専門家プロファイル

ギター教室 フレーヴォミュージック 教室代表 ギター講師
福岡県
音楽講師
092-515-8231
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:楽器レッスン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

様々なギターの種類

- good

  1. 趣味・教養
  2. 楽器レッスン
  3. ギター・エレキギター

ギターには、色々な種類があります。基本的には、


このジャンルにはあのタイプ、こんな音はあのギター


というふうに、大体ジャンルによって使われるギターが決まっています。

ギターをはじめよう!と思い立って、楽器屋さんに行ったものの、


「自分のやりたい音楽には、どのギターがいいんだ?」


と戸惑ってしまう、という話も多いです。

なので、今回のコラムでは、基本的なギターの種類と、よく使われるジャンルを紹介したいと思います。


まずはギターの種類から。

大きく分けてギターには、エレキ、アコギ、クラシック(ガット)の三種類があります。

エレキとアコギは細いネックにスチール弦を張っています。クラシックギターは「ガットギター」とも呼ばれ、昔はガットという「羊の腸」を使った弦を用いていましたが(ガットとは「腸」という意味)、今はほとんどがナイロン素材の弦を使っています。

また、エレキはアンプにつないで、主にバンドサウンドの中で使われ、アコギは生音での弾き語り、クラシックはメロディと伴奏を同時に弾く「クラシックギター」や「ボサノヴァ」「フラメンコ」といったワールドミュージック系などに多く使われています。(厳密にはフラメンコには「フラメンコギター」が使われますが、フラメンコギターはクラシックギターと近いギターです)

ただし、最近ではアンプにつながるアコギやクラシックギターもありますし、アコギでメロディと伴奏を同時に弾く事などもありますので、この辺はおおよその分け方になります。


続いて、音楽のジャンルからギターを考えて行きましょう。

先程も書きましたが、バンドサウンドで派手に弾いているのが「エレキギター」です。大音量が出せ、また、エフェクター等を使って音を「歪ませ」たり「うねらせ」たり、「二重に」したり、様々な加工が出来ます。立って弾くことにも適していて、ステージ上を動き回りながら弾いたりします。ジャズバンド等でジャズギターを弾いている場合も、大抵はエレキギターを引いています。また、おしゃれなバンドなどで綺麗な澄んだ音を出す場合、アコギを使うことも多いです。独特のきらびやかな音は、エレキではなかなか出せません。ですが、マイクを立てるか、アンプやスピーカーに通さないと、大きな音のなかでは埋もれてしまいます。


弾き語りでは主にアコギが使われています。人間の声の音量に近く、歌の伴奏にぴったりです。主にコードを弾きますが、時にはメロディラインを弾くこともあります。また、クラシックギターも歌の伴奏に使われます。代表的なジャンルは「ボサノヴァ」でしょうか。ボサノヴァアーティストの多くが、クラシックギターによる伴奏で弾き語りをしています。アコギがきらびやかなサウンドなのに対し、クラシックギターは柔らかく優しい音色が特徴になります。コードはアコギのように「ジャカジャカ」鳴らさず、指で爪弾く事がメインになりますが、「ジャカジャカ」弾くとガラリとその表情を変え、フラメンコやラテン音楽のように、情熱的で激しい音楽にマッチする音になります。


そして、ギター一台でメロディも伴奏も弾くソロスタイルでは、アコギとクラシックギターが主に使われています。クラシックギターではその名の通り「クラシック」の曲を演奏することが多いです。「禁じられた遊びのテーマ(愛のロマンス)」や「アルハンブラの思い出」といった、クラシックギターのための楽曲も多くありますが「ショパン」や「バッハ」といった偉人たちの楽曲をギターにアレンジして弾くことも多いです。対してアコギによるソロギターでは、より現代的で、ポップな楽曲を弾くことが多いです。こちらもオリジナルの楽曲を弾いたり、ヒットソングをギター一本にアレンジして弾くこともあります。最近ではギターの弦のチューニングを変化させた「変則チューニング」を使って、より新しい響きを追求していく流れもあります。


以上が大まかなギターと音楽ジャンルの関係です。

みなさんがやってみたい音楽には、どのようなギターが主に使われているのか分かってきたのではないかと思います。


しかし、ここに上げたジャンル分けが「絶対!」な訳ではありません。クラシックギターでジャズを弾く人。エレキギターでソロスタイルを弾く人などもいます。みなさんも、ここでのジャンル分けを参考にギターを弾き始めて、慣れてきたら色々なギターとジャンルを弾いてみて、自分の好みに一番合った音を探してみて下さい。


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 音楽講師)
ギター教室 フレーヴォミュージック 教室代表 ギター講師

幅広いジャンルの経験を元に無理なく合理的にギターを教える講師

クラシックやジャズの世界には、独特の勉強法や理論があります。それらの素晴らしい勉強法、理論、テクニックといったものを他のジャンルへ応用して、無理なく合理的にギターが学べるよう、そして楽しくギターが上達できるよう日々レッスンをしています。

092-515-8231
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

洋楽との出会い 嘉多山 信 - 音楽家(2013/01/04 09:00)

出場予定選手 成澤 利幸 - 音楽家、打楽器奏者(2011/12/02 12:34)

最近の愛聴盤から(5) シャコンヌ ~佐村河内守 弦楽作品集 成澤 利幸 - 音楽家、打楽器奏者(2013/07/19 00:29)

楽しい発表会 いろんな楽器と歌を聴いてみよう! 押野 智之 - 音楽講師(2013/06/24 08:41)