レピュテーション研究部会 ソーシャルメディアの定義 - リスクマネジメント・個人情報 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

レピュテーション研究部会 ソーシャルメディアの定義

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. リスクマネジメント・個人情報
ネット風評リスク

ソーシャルメディアの定義(広義)

 レピュテーションの研究をしている中で、最近、見過ごすことができないものが、ソーシャルメディアです。

 ソーシャルメディアにおいて、企業の評判にマイナスの影響を及ぼす記事が記載された場合にどのように対応するかなどが問題とされています。ただ、そもそも、ソーシャルメディアとはどのようなものであるかについて、明確な定義がないように思われます。そこで、弁護士として、ソーシャルメディアに関わる法律問題を検討する中で、様々なソーシャルメディアの定義・説明を検討した結果として、一応のソーシャルメディアの定義を記載しておきます。

 ソーシャルメディアの定義は、広義と狭義に分けて考えることができると思います。まず、今回は、広義の定義について記載しておきます。

広義のソーシャルメディア:

 ・ユーザーが情報を発信し、形成していくメディア

 ・インターネットなどを通じて、ユーザーが内容を生成していくメディア

 というように定義できると思います。これはかなり広い概念です。

 

 そして、類似概念として問題となるものは、以下のものがあげられます。

UGM(user generated media)

 (関連用語)UGC(user generated content:ユーザー生成コンテンツ)

:インターネットなどを通じて、ユーザーが自ら情報を発信し、コンテンツを生成するメディアの総称。

 

CGM(consumer generated media)消費者生成メディア・消費者発信型メディア]

:インターネットなどを通じて、一般の消費者が自ら情報を発信し、コンテンツを生成するメディアの総称。

 UGM について、CGM という表現が「企業と消費者」という対立構造を想起させることがあり、より広く、User(利用者)という言葉がもちいられることがあります。

 そして、「広義のソーシャルメディア」は、YouTube、SNS、ブログ、twitter、2ちゃんねるなど、ユーザーがテキスト、画像、動画、音楽などを意識的にWebに投稿することで生成されるすべてのメディアを含むことになります。

 

フランテック法律事務所 弁護士 金井 高志

オフィシャルサイト[ http://www.frantech.jp

セミオフィシャル・ブログサイト[ http://www.frantech.biz

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「ネット風評リスク」のコラム

このコラムに類似したコラム

フランテックセミナー 金井 高志 - 弁護士(2016/01/26 09:00)

関西生産性本部主催 労働法研究会 講師 金井 高志 - 弁護士(2013/10/19 12:43)

印刷工業会主催のセミナー 金井 高志 - 弁護士(2013/10/11 21:17)

日本マーケティング協会 ソーシャルメディアのセミナー 金井 高志 - 弁護士(2013/05/02 18:11)