これからの管理職に求められるもの(その4) - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これからの管理職に求められるもの(その4)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋

これからの管理職に求められるもの(その3)とは
◆「抽象語やビックワードをそのまま使わない」でした。

ではこれからの管理職に求められるもの(その4)は何か?
それは、
◆「自分を深く観察する」です。

**************************************************
ある男が異動した。
異動先の支店で、男は未経験の業務を担当することになった。

1か月と半月が経った。

男は支店長に呼ばれこう言われた。
「もうじき2カ月になるというのにどういうことだ。普通なら1か月もあれば任せられるレベルの仕事だぞ。さっさとマスターしろ」

男が命じられた業務は顧客からの問い合わせに適切に対応し、再受注件数を増やすというものだった。
この業務は各製品の構造や特徴を理解してからでないとできなかったが、彼はそれらをなかなか理解できずにいた。

男は短い時間で多くのことを覚えることが苦手だった。
受験の時も年号や英単語を覚えるのに十分な時間が必要なタイプだった。

男は慣れない技術用語を必死に覚えながら業務にあたった。
しかし製品の種類があまり多く、その領域の門外漢だった彼にとってはそう簡単に理解できる分野ではなかった。

2週間後。
男はまた支店長に呼ばれ、どやされた。
「お前、やる気あるのか?」

男はガッカリした。

出来ていないことを指摘されるのは仕方ないが、苦手なことから逃げずにやろうとしている部分を見ようとしない支店長の無神経さに落胆した。

その日の夕方、支店長は早めに会社を後にした。
本社からの命令で中国語の学校に通っていたのだ。
国内市場に見切りをつけ、中国を中心としたアジア諸国に注力するという施策の一環だった。

授業が終わった。
支店長は教室に残るよう講師から告げられた。
彼は何かよいアドバイスでももらえるのかと期待したが、それとは反対の厳しい言葉にわが耳を疑った。

「やったことをなぜ暗記してこないのですか?これだけ時間をかけているのですから、文法の基礎くらいはマスターしていないと困るのです。やる気はあるのですか?」

講師の思いがけない言葉に、支店長は立腹した。
「あれがものを教える人間の言うことか?人には得手/不得手があるじゃあないか。こっちだって頑張っているのに・・・」

自宅へ帰った支店長は食卓で妻が出してくれたビールを飲みながらつぶやいた。
「あんな講師がいる学校はダメだ。違う語学学校を探そう」

支店長は学校を変える決意をした。
自分の部下が上司である自分に失望し、転職を考え始めたことも知らずに。

(出典)
http://profile.ne.jp/pf/pensee-tsutomu-nakazawa/c/c-45083/
**************************************************

支店長に「悪意はない」のでしょう。
彼にとっては「何気ない一言」なのでしょう。
でも、その結果は・・・。

★「自分がされて嫌なこと」を「自分もやっている」支店長。
★ そして「それ」が「見えていない」支店長。

これからの管理職に求められるものの4つ目は、
◆「自分を深く観察する」すなわち、「日常の立ち居振る舞いの中」に潜む「見えない自分」を見つけ、直視することなのです。

(中沢努「<深く考える>序開き」から抜粋)

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany

≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(
http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「中沢努 「<深く考える>序開き」 抜粋」のコラム

このコラムに類似したコラム

これからの管理職に求められるもの(その5) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/06/06 18:00)

これからの管理職に求められるもの(その3) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/05/27 18:00)

日本企業の管理職の8割は失格である 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/04/25 18:00)

[管理職の心得] 叱りの心理学・・私情の叱りと愛情の叱り 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/02/23 18:00)

せいさつ(097)会議の多い組織は優秀? オッカムの剃刀 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2010/10/14 09:00)