2011年はメガソーラー元年! - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

和上住電株式会社 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター
06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

松林 宏治
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2011年はメガソーラー元年!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

福島原発事故というのは、日本の電力やエネルギー事情について、多くの人の関心が向くキッカケとなりました。

本当はこんな事故がなくても関心を持っておくべき大切なことなのですが…、それでもこれが契機になったのは確かです。

 

さて、原発に対する危機感が大きくなる中、脱原発という議論が活発になっています。

いきなり全ての原発を止めたらどういうことになるのかは明白で、現実味はありません。

しかし、将来に向けてそうしていくということであれば、それは夢物語ではありません。

そんな経緯で注目されているのが、メガソーラーです。

 

メガソーラーというのは、太陽光発電による大規模な発電所のことです。

まだまだ日本は小規模なものしかありませんが、海外には大規模なメガソーラーがすでに稼動しているところもあります。

 

ソフトバンクが提案している電田プロジェクトというのは、全国の休耕田などを発電施設にしてしまおうというものです。

一方のメガソーラーというのは、もっと規模が大きな発電所です。

現在の世論を考えると、これから新たに原発を作るというのは現実味がないでしょう。反対運動の集中砲火にさらされるのは目に見えています。

しかし、現在稼動している原発もいつかは老朽化し、発電できなくなる時が来ます。

その時に、どうやって電力を確保するか?

メガソーラーも、その答えのひとつだと思います。

 

ソフトバンクの提案に刺激された全国各地の自治体が、メガソーラー誘致に向けて具体的に動き出しています。

これまでになかった、新しい産業が大きく成長しようとしています。

東京都の石原知事や大阪府の橋下知事などをはじめ、全国の首長が続々と賛同を表明しており、メガソーラー構想にはかなり強い追い風が吹いています。

原発と違って危険性がない上、地元に一定の経済効果を与えるとあっては、誰もが歓迎するのは当然ですね。

 

2011年は大震災という悲しい記憶が残る年になりましたが、その一方でメガソーラー元年という歴史的な年にもなりそうです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
和上住電株式会社 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

06-4808-8941
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

塩漬けの工業団地が熱い!ですが… 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2013/01/16 16:11)

太陽光発電、もう少し待てばもっといいのが出るんじゃないの? 小島 忠嘉 - 建築プロデューサー(2012/12/07 00:43)

復興するならエコで! 福島県南相馬市の挑戦 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2012/11/02 15:34)

太陽光発電は一戸建てのもの?それは昔話です 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2012/08/09 14:41)

稚内メガソーラー発電所、ホタテ貝殻の発電量への影響調査開始 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2011/12/08 15:36)