薬が効かない花粉症(鼻アレルギー)の正体とは - 体質・アレルギー改善 - 専門家プロファイル

いわさき痛みの整骨院 院長
東京都
柔道整復師
042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

薬が効かない花粉症(鼻アレルギー)の正体とは

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体質・アレルギー改善

いよいよ花粉症のピークを迎えはじめています。

各地の花粉情報を毎日チェックされているのでは・・・

今週から東京方面でも花粉の飛散量が増加しております。

さて、花粉症歴5~20年の方のなかに、花粉飛散量に関係なく毎年、季節性または通年性で鼻アレルギーを含む花粉症の症状が増悪されているタイプの方や、内科や耳鼻科等で事前に薬物コントロールしているにも関わらず症状が変わらない方、花粉症の症状が現れてから服用しても従来ほど薬の効果が弱い方などが結構いらっしいます。

その正体はなんでしょうか?

答えは、さまざまなストレスが長期的または数ヶ月レベルで起きている場合、自律神経系で交感神経過緊張状態から免疫過剰反応(副交感神経優位=生体内の正常な細胞や花粉などの異物を敵と見なし攻撃する)にチェンジしたということが強く関係しています。

いわゆる脳のスイッチが24時間ON状態(戦闘モード)ということです。

こういうタイプは花粉の飛散量やアレルギー反応だけで鼻汁、鼻閉になっているだけでなく、長期的ストレスから自律神経の乱れ(交感神経が緊張)によりアドレナリン(闘うホルモン)やノルアドレナリン(闘う神経)の過剰分泌、さらに鼻粘膜の微小循環障害が基本線になっているのではと推測されます。

ですから、花粉症に限らず、アトピー性皮膚炎や喘息発作、リウマチ様の多発性筋痛や多発性関節炎などが起こりやすい状況(花粉症が悪化するお膳立て)が数ヶ月~数年間単位で生体内で起きていると考えられます。

この場合は薬は対症療法にすぎず効果は半減いたします。また、鼻粘膜の炎症部分にMLLTによるレーザー治療については、正真正銘のスギ花粉症や普段は健常という方に比べ、自律神経が関与されているタイプの方はMLLTの費用対効果は短い期間の効果と考察いたします。

では、薬が効かないタイプの花粉症(更年期など自律神経失調タイプによる花粉症増悪する方)は、LLLTによるレーザー星状神経節ブロックをお勧めいたします。(レーザー感受性テスト=照射前後の皮膚温測定と花粉症スコア21点法を参考に判断します。)

この自律神経系タイプや更年期症状タイプの花粉症は現代医学は苦手な分野ですので、レーザー星状神経節ブロック療法など代替補完医療を併用することを是非お勧めいたします。

参考URL(レーザー感受性テストお得情報)

レーザー星状神経節ブロック療法 3千症例の実績  http://www.iwasaki-laser.net

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 柔道整復師)
いわさき痛みの整骨院 院長

痛みとストレスをテーマに心と身体にやさしい治療をめざします

わたしは物理工学の分野である「波長」や「周波数」「共鳴振動」を治療技術に応用し、複合ストレス=「氣」の停滞が原因とされる未病(微小循環障害または末梢血行障害)に対してQOLを重視した全人的かつ人間主義の統合的治療を展開しています。

042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

治らない慢性腰痛の正体 岩崎 治之 - 柔道整復師(2013/03/30 11:18)

セルエクササイズ監修した末武信宏医学博士との必然的な出会い 岩崎 治之 - 柔道整復師(2012/05/10 16:34)

自律神経科学の新時代到来 「研究会発足」へ 岩崎 治之 - 柔道整復師(2011/10/11 23:44)

外傷性頸部症候群とは 岩崎 治之 - 柔道整復師(2010/08/04 20:20)