不動産の価格は?3 〜メルマガバックナンバーより - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産の価格は?3 〜メルマガバックナンバーより

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
これからの不動産市況
《2の続きです…》


今回も株価調整が長引くかどうかが
ポイントだと思っています。
(ただし、外資系ファンドの投資対象となっている不動産は、
 現段階ですでにかなりの下落が予想されます。)

昨日(07’8.16)は
アメリカの中央銀行が2回にわたり約170億ドルを、
本日(07’8.17)日銀が
1兆2000億円の資金提供をしましたが、
連日にわたり日米欧の各中央銀行が
大量の資金注入を行なっています。

(日銀がデフレ対策のために行なった
 量的緩和政策の世界版です)

ファンドや金融機関の破綻を防ぐための処置ですが、
同時に金余り(過剰流動性)を生みます。

欧中央銀行ではつい最近まで
景気過熱によるインフレ抑制(利上げ)政策をとってきましたが、
その政策を捨て
株価と資産価格の維持政策に舵を切ったと読むこともできます。

不動産価格の今後は、
この資本注入が短期に効を奏するかどうかに
かかっていると思います。

(日銀の8月の利上げは当然延期だろうと思いますが…。)


※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP