No.138 パナソニック「エコナビ」にみる発想法 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.138 パナソニック「エコナビ」にみる発想法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

テーマ:パナソニック「エコナビ」にみる新市場を効果的につくる発想法
--------------------------------------------------------------
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2010.08.10
 “選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン

企業ブランド戦略の成功と秘密~知らないことが失敗を生む

:::::::::::::::::::::::: 第0138号  アイディーテンジャパン 発行
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
【お知らせ】
前インターブランドアジアパシフィックCEOより推薦文
⇒ http://www.katsunarisawada.jp/node/117
--------------------------------------------------------------

こんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

先週までの真夏日からは
ちょっと解放感のある今週の気温。

それでもクーラーや扇風機といった夏家電抜きには
体力を奪われてしまいます。

家電を使いながら気になるのは、
「この家電を動かすには
どれくらいのエネルギーを使っているんだろう・・・」
というエネルギー消費量や環境とのリレーションシップ。

かつて「環境への配慮」は企業の社会的責任という考え方が主流でしたが、
最近は利益を生む新たな市場として注目されています。


今日のブランディングニュースは
環境ブランド指数では国内トップに選ばれたパナソニックです。


今年をスタートするにあたって発表された経営方針によると
創業100 周年をむかえる2018 年には、
売上高10兆円以上、営業利益率10%以上、ROE10%以上の目標を継続し、
グローバルシェア1位の商品が複数存在することを追加目標とするそうです。

大企業の代名詞のような企業で
いったい中小企業は何を学ぶのか・・・と思うかもしれませんが、

「環境ライフスタイル」という家電マーケットを創造していく
パナソニックのマーケティング手法の本質は、
これから何らかの新市場を検討している中小企業の方々であっても
必ず学ばなくてはいけないことがちりばめられています。


今日は弊社代表、澤田且成が
パナソニックの「エコアイデア」を通して
新市場を効果的に生み出す発想法についてお伝えさせていただきます。

パナソニック「エコナビ」
http://panasonic.jp/econavi/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
パナソニック「エコナビ」にみる新市場を効果的につくる発想法

[2]  編集後記

--------------------------------------------------------------
[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
パナソニック「エコナビ」にみる新市場を効果的につくる発想法
--------------------------------------------------------------

■ 環境グループ企業を目指すパナソニック

パナソニックの環境に配慮した商品といえば
テレビCMや東京・山手線の車内広告でよく見るエコナビ。
吉瀬美智子さんと石川遼選手が出演するCMやポスターが印象的ですね。

そのコンセプトは
「エコナビ、それは家電自らがその時の状況を判断し、
 電力のムダをしっかり抑える、これまでにないエコ。
 それぞれの暮らしに合わせた省エネを可能にします。
 おウチから出るCO2を、エコナビでもっと削減。
 毎日が変われば、明日が変わります。」
※パナソニックホームページより

これまで自宅でできるエコ対策というと
・エアコンの温度設定
・無駄な電気を使わない
・こまめに電気を消す
・冷蔵庫のオープン時間を短縮する
といったことが浮かびます。

以前と比較して随分と意識は高まってきたものの
ついつい省エネを忘れがち。

そんなときに役に立つのが自動でくらしの中の
省エネポイントを家電が自動で見つけ出し
最適な状況を考え対応する機能。
この機能こそ「エコナビ」なんです。

現在、このエコナビブランドに属する家電は
テレビ、冷蔵庫、エアコンといった主たるものをカバーしています。


家電という分野でエコの発想が具現化されていますが、
パナソニックはこのエコナビといった商品群だけでなく
「エコアイディア宣言」を発表しています。

この「エコアイディア宣言」とはパナソニックグループとして、
地球発想の「環境革新企業」を目指し、
くらしのエコアイディア、ビジネススタイルのエコアイディアで
社会に貢献する企業グループを目指すというもの。

経営戦略、事業戦略の根幹までエコの発想が浸透しています。

続きはこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/node/245

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】正しい答えはどこにもない。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/12 08:43)

【最幸ビジネスモデル】集めるじゃなくて集「ま」る。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/11 12:45)

【最幸ビジネスモデル】シンプルなしくみ。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/09/19 12:28)

小さなチェーンこそ目標利益を考えて新店投資をしよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/29 06:20)

【最幸ビジネスモデル】種明かし。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/07/29 09:46)