No.139 星野リゾート流環境経営を構成する「3つの要素」 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.139 星野リゾート流環境経営を構成する「3つの要素」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

テーマ:星野リゾート流環境経営を構成する「3つの要素」
--------------------------------------------------------------
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  2010.08.20
 “選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン

企業ブランド戦略の成功と秘密~知らないことが失敗を生む

:::::::::::::::::::::::: 第0139号  アイディーテンジャパン 発行
--------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------
【お知らせ】
前インターブランドアジアパシフィックCEOより推薦文
⇒ http://www.katsunarisawada.jp/node/117
--------------------------------------------------------------

こんばんは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

お盆を過ぎても、
日本各地で猛暑日がつづいていますね。

先日は38度を越える気温が観測され
ぐったり過ごす日も多く、体力を吸い取られるような毎日。

そんなときだからこそ夜になると暑い都会を脱出し、
避暑地でリゾートを満喫される方も多いのではないでしょうか。


今回は、そんな憧れのリゾートをビジネスとして成功させつづける、
「星野リゾート」にクローズアップしてみたいと思います。

星野リゾートは、創業100年を超える老舗旅館の4代目
星野佳路氏が1995年に「星野リゾート」と会社名を改め、
新たなコンセプトと目標を掲げて出発しました。

以来、各地のリゾートホテル再生を手掛け、
2008年11月期には連結売上高約119億円、
連結経常利益は約4.8億円を達成。

まさに、リゾートホテル業界のカリスマ的存在です。

そんな星野リゾートの特色とは、
“利益”ד自然環境への配慮”の経営スタイル。

環境という視点で社会に貢献するという姿勢が、
社員や顧客を惹きつける「企業の魅力」といえます。


今日は弊社代表、澤田且成が、
星野リゾートの環境経営を構成する「3つの要素」に注目し、
「社会環境の改善」という発想の重要性についてお伝えします。

星野リゾート
http://www.hoshinoresort.com/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
星野リゾート流環境経営を構成する「3つの要素」

[2]  編集後記

--------------------------------------------------------------
[1]  "選ばれ続ける仕組み"の事例:
星野リゾート流環境経営を構成する「3つの要素」
--------------------------------------------------------------

■ 「日本の観光をヤバくする」

日本では、
盆や正月の風物詩でもある“帰省・行楽ラッシュ”。

規模に関わらず、企業の大半が一つの期間に集中して休むという
商慣習が生んだものであり、
業種によっては分散化も進められていますが、、
相変わらず日本人は「皆で休む」姿勢を変えていません。

その結果、ホテルや旅館はどうなったのか?

繁忙期には、館内設備や料理、従業員のサービスに関わらず、
行楽地に近ければ客室は満室となり、
反対に閑散期は、どんなにホテルや旅館側が努力しても、
客室が埋まらない。

それならば・・・ということで
ホテル・旅館業界の中には、最低限のサービスにとどまっている
ところが多く見受けられたりします。

その結果でしょうか。

豊かな自然を生かし贅沢に建てられたリゾート施設も、
開発ばかりが目立ち、
真の“ホスピタリティ”を追求した施設の運営では、
大きな利益を生み出さないという理由から、
運営に特化した会社はありませんでした。

そうした中で生まれたのが星野リゾートです。

日本の恵まれた観光資源を活用し、
世界に誇れる環境大国に。

そうした想いから
「日本をヤバくする」というステートメントを発表し
業界変革を本気で行おうとしています。


そんな“カリスマ”、“革命児”といわれる星野氏の実績と手腕は、
成果のごく一部を挙げただけでも一目瞭然です。

冒頭でご紹介している
・連結売上高 119億円 (軽井沢「星のや」、小淵沢「リゾラーレ」)
・連結経常利益 約4.8億円
のほかにも、
・20を超えるホテル・旅館と周辺地域開発、スキー場を整備
・従業員数 800人
・1年以内のリピーター数 21%(星のや)
・客室稼働率 81%(全国平均は49%)
・リピーター情報を全員が共有しデータベース化
これ以外にも、さまざまな発想や地域ごとのコンセプトで
成功を収めつづけているのです。


そんな星野リゾートが経営ビジョンの一つに掲げるのが環境。
環境経営には、次の「3つの要素」があります。

1,EIMY
2,ゼロエミッション
3,エコツーリズム

この環境への対応は、
正直お客様に見えにくく利益にもつながりにくいのに、
星野リゾートは非常に重視しています。

直接的に利益が見えにくい環境対策を
星野リゾートはどのような意図で行っているのでしょうか。

 

続きはこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/node/246

このコラムに類似したコラム

大胆提言:パナソニック再建策! 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2013/03/29 09:22)

買わない時代のヒット市場予測を15年かけ調査した理由その1 菓奈 毎美 - 経営コンサルタント(2011/04/01 17:47)

ビジョン、理念を超えて大事なもの 日本代表チームから考察 荻野 淳也 - ビジネスコーチ(2010/07/09 21:28)

多面的な見方 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/12/07 09:22)

【ITベンダー脱下請】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/12/05 09:54)