平成23年度相続税が増税。関係なかった人でも申告が必要になる? - 相続税 - 専門家プロファイル

大山 廣石
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

平成23年度相続税が増税。関係なかった人でも申告が必要になる?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
税務・会計

平成23年度税制改正で相続税が増税。今まで関係なかった人でも申告が必要になる?

相続人3人の基礎控除額は8000万円→4800万円に

 

相続税には、基礎控除額といって税金がかからないラインがあります。
現状の基礎控除額は、5000万円+1000万円×相続人の数です。

 

相続人が2人(妻と子1人)ならば5000万円+1000万円×2=7000万円
相続人が3人(妻と子2人)ならば5000万円+1000万円×3=8000万円
相続人が4人(妻と子3人)ならば5000万円+1000万円×4=9000万円

 

となり、財産がこの基礎控除額までならば、相続税がかかりません。

しかし、今回の税制改正で基礎控除額が、3000万円+600万円×相続人の数となる予定です。

 

相続人が2人(妻と子1人)ならば3000万円+600万円×2=4200万円
相続人が3人(妻と子2人)ならば3000万円+600万円×3=4800万円
相続人が4人(妻と子3人)ならば3000万円+600万円×4=5400万円

 

となります。ここまで大幅に引き下げられると、現状では相続税の申告が必要なかった人でも、今後は申告する必要が生じてくるでしょう。
詳しいことは会計事務所にお問い合わせください。

「確定申告」に関するまとめ

  • 知らないと損する!? 専門家が教える確定申告・青色申告・白色申告のポイント

    「FXで稼いだお金の確定申告はどうすればいいの?」「住宅ローンがあるんだけど、確定申告は何か変わるの?」 「青色申告をすると何がお得なの?」「2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されるけどどうすれば良いの?」など、 専門家が教える確定申告・青色申告・白色申告の常識から、減税、控除などの知らなきゃ損する情報をまとめました。

このコラムに類似したコラム

24年度税制改正大綱(3、相続税の連帯納付義務) 平 仁 - 税理士(2011/12/15 19:09)

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/23 07:51)

相続発生後の手続き 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/08/18 07:00)

不均等相続が一番! 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/27 13:13)

小規模宅地等の減額の改正(減税) 大黒たかのり - 税理士(2014/08/21 17:10)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!