24年度税制改正大綱(3、相続税の連帯納付義務) - 相続税 - 専門家プロファイル

平 仁
ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

24年度税制改正大綱(3、相続税の連帯納付義務)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
税制改正 平成24年度税制改正

相続税の連帯納付義務は、申告期限から5年を経過した場合、

もしくは延納または納税猶予の適用を受けた場合には、解除される旨の

改正案が示されました。

 

相続税は、お亡くなりになった方の財産の時価総額から

基礎控除と相続人数に応じた控除額が差し引かれた残額に対して

課されるんですね。

ですから、亡くなった方の財産総額によって相続税額が決まるんです。

これを相続人が受け取った財産に応じて支払う、という仕組みになっています。

 

しかし、受け取った相続財産を使ってしまった等の理由で、支払うべき

相続税を払わなかった相続人が出てしまったらどうでしょうか。

 

相続税法は、支払わない相続人から徴収しなさい、とは書いていないんですね。

 

相続人は、亡くなった方の相続人は、相続税を連帯責任で支払わなければ

ならない、と規定しているんです。このことを連帯納付義務といいます。

 

ですから、税務署は、支払わない相続人よりも、お金を持っていそうな

他の相続人から税金を代わりに払ってもらってもいいんですね。

 

これはお金をもらう代わりにもう何の責任も負いませんよ、という

いわゆるハンコ代にも関係ありませんから、

他の相続人がちゃんと払ってくれているのか注意していないと、

いつとばっちりを食らうのか、わかったものじゃないですね。

 

だからこそ、これまでも学者からは槍玉にあがっていましたし、

自民党政権時代の税調でも時々あがっていた論点です。

ようやく改正提案になりました。

この改正については、峰崎内閣参与のご尽力によりねじ込まれたそうです。

 

しかし、相続税・贈与税については、他の論点については、

ほぼ全面的に改正見送り。基礎控除を5000万から3000万に、

相続人数に応じた控除も相続人数×1000万から600万に引き下げるとの

平成23年度改正案は平成24年度改正案には盛り込まれず、

来るべき税制抜本改革を待つことになりました。

このコラムに類似したコラム

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/23 07:51)

不均等相続が一番! 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/27 13:13)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!