学資保険の限界とその対策3 - 学資保険選び・加入 - 専門家プロファイル

木和田 雅朗
FP事務所らいふ工房 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
土面 歩史
土面 歩史
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

学資保険の限界とその対策3

- good

  1. マネー
  2. 教育資金・教育ローン
  3. 学資保険選び・加入

相談実務事例に基づく学資保険の限界とその対策。

 

その最終回です。

 

  【前回・前々回のコラム】

  学資保険の限界とその対策

  http://profile.ne.jp/pf/fp-lifekoubou-kiwada/c/c-46897

  学資保険の限界とその対策2

  http://profile.ne.jp/pf/fp-lifekoubou-kiwada/c/c-47241/

 

「現代」進学状況に追いついていない(相談者さん談)ため、

 

学資保険だけではこの方のニーズを十分に満たすことはできません。

 

そう、学資保険‘‘だけ”では・・・

 

 

生命保険の種類で終身保険があります。

 

この終身保険の特徴のひとつに「貯蓄性」があります。

 

それは、保険料払込終了後に解約した時に受け取れる解約返戻金が

 

払い込んだ保険料と大体同じくらいあるということです。

 

ですので、保険料払込期間をお子さんが中学進学前に設定し、

 

進学時に解約しその解約返戻金を進学資金に充てるわけです。

 

 

今回の相談者さんが最終的に選んだプランは

 

 1.学資保険商品B

 

 2.終身保険(保険料払込期間10年)

 

の組み合わせでした。

 

もし、中学進学時の費用を預貯金でまかなえれば、

 

終身保険は解約せずそのまま継続すればOKです。

 

保険料の払い込みは終わっていますが、

 

解約返戻金はどんどん増えます。

 

ですのでその先の高校・大学進学費用に充てればいいのです。

 

 

以上、進学ニーズと学資保険に関する相談事例でした。

 

コラムの性質上、かなり大雑把な説明となっております。

 

詳しい説明は生命保険に精通した相談実務経験豊富な

 

ファイナンシャルプランナーにお尋ねください。

 

うんちく垂らしているだけで相談実務経験のほとんどない

 

学者もどきファイナンシャルプランナーは問題外ですよ。

 

おそらくその手のほとんどの‘‘先生”って

 

保険提案書を作成できませんからね。

 

それと間違っても保険ショップをはじめとする「保険屋」には

 

絶対に相談にいかないこと!

 

もれなく余分なモノ売りつけられますよ。

このコラムに類似したコラム

ジュニアNISAの運用は誰が行うの? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/10 18:35)

低金利時代、学資保険の賢い入り方 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/08 22:00)

学資保険代わりに低解約返戻金型保険を活用する方法-商品選び 平野 雅章 - ファイナンシャルプランナー(2010/11/07 13:30)

学資保険の限界とその対策2 木和田 雅朗 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/19 19:36)

学資保険の限界とその対策 木和田 雅朗 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/19 19:34)