間取りの話 - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

間取りの話

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

今日は間取りについてのお話をしたいと思います。
間取りを選ぶ、間取りを作成してもらう。
これは、家を買う時の大きな楽しみのひとつですよね。
どんな間取りがいいか?

 
・4LDKがいい。
・対面のキッチン。
・収納が多くていい。
・洗面室がひろくて使いやすそう。
・お風呂が大きい。などなど、

 
マンションであると、
上記のほか、階数、方角も間取りの選択肢の中に含まれます。
階数や方角は価格と比例するので、
予算との兼ね合いになると思いますが、
間取りを選ぶ時は楽しいです。
新居でのライフスタイルを思い浮かべますので
自然と笑みがこぼれます。

 
さて、皆さま、間取りを選ぶ時に何を基準にして、
間取りを観ていきますか?
おそらく、広さではないでしょうか?
特にリビングですね。
これはマンションも戸建も共通しています。
各部屋の広さも気になりますが、
マンションの場合は限られたスペースなので、
洋室の広さは妥協点とする方が多いようです。

 
一戸建ての注文住宅は凄いですよ。
一から計画するわけですので、要望を全ていれたら、
大変なことになります。
LDは20帖、寝室は10帖以上にウォークインクローゼット
そして、子供部屋は6帖以上。
こんな感じでつづき、
全て要望反映すると建物50坪なんて当然のようにあります。

 
次に気になるのが、収納力。
今、個人の持ち物が多いことや今後増えることも想定し、
また、なるべく部屋の外には出したくない。
このような背景もあり、収納力はとても大切になります。
分譲の場合は、収納力のある間取りを作る。
また、収納力があるように見せる。
分譲では大きなアピールポイントになります。
お客様から、決め手のポイントを聞くと、
やはり、圧倒的に収納が多いから・・・
という声を聞きます。

 
分譲の間取りの場合には実用性が重視。
可もなく不可もなくといった感じでよいでのす。
これが、売り手側からすれば無難です。
住まい手側からしても、失敗がないと思いますね。
売り手、住まい手、ともに無難なんですね。

 
しかし、注文戸建において「無難」といわれると
まず、お客様の気持ちはどこか不満があります。
建売と一緒ではつまらない。
何か、提案してほしい。
このような気持ちが含まれています。

 
しかし、間取りの基本は、まず実用性です。
使い勝手が悪いのでは暮してから不満が多くなります。
その、使い勝手も家庭によって多少違います。
ぜひ、間取り図の上を歩いているつもりになって、
そこで、生活しているイメージをしてみてください。

 
・キッチン料理を作る、片付ける、
・洗面室で顔を洗う、脱衣する、洗濯する、
・お風呂に入る、
・洗濯ものを持ってバルコニーへ行く、
・朝、起きたらまずどこに行く、
・家族はどこの部屋にいることが多い?
・今あるものをどこに置く、仕舞う、

 
どんどん、イメージが膨らみ、
ご家族にとっての、使いやすい間取りがきっと見つかると思いますよ。

このコラムに類似したコラム

「郊外の一戸建」と「都心のマンション」、将来どっちが高く売れる? 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2014/02/05 11:00)

キッチン換気扇 排気はどこに? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/11/14 11:22)

家ってなんだろう? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/06/12 12:16)

フジテレビ 『ノンストップ!』 にスタジオ生出演しました! 後藤 一仁 - 公認不動産コンサルタント(2015/10/23 20:26)

マンション、一戸建て購入などの契約・解約等のトラブルを解決します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/10/16 14:00)