商標の基礎知識2(商標権の仕組み) - 商標 - 専門家プロファイル

峯 唯夫
レガート知財事務所 弁理士
東京都
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商標の基礎知識2(商標権の仕組み)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 商標

指定商品・役務

商標は商品や役務(サービス)を提供する人と需要者の間のコミュニケーションツールです。

すなわち、「この商品を買ってください」という提供者(企業)と

「あの商品がほしい」という「需要者が「商標」によって結ばれ

売りたい商品が売れ、星商品を買うことができるという環境を作るものです。

 

このコミュニケーションがうまくいくために「商標法」「商標登録」という制度があるのです。

 

このコミュニケーションを護るためには、商標は使用する商品や役務の範囲内で

他人に妨害されない環境であれば足ります。

 

そこで、商標権は「指定商品・役務」という枠組みを作っています。

すなわち、ある名前(とりあえず「SNOWLEX」としましょう。

この「SNOWLEX」という名前を使って「融雪装置」を販売する会社があるとします。

この会社が売る商品は「融雪装置」ですから、もし他人が同じ名前で「スキー用具」を販売しても

だれも間違って買うことはないでしょう。

 

そこで商標法は、需要者が間違えないのであれば別の人が同じ名前(商標)を使用しても

問題ない、と考えているのです。

それが「指定商品・役務」というものです。

 

すなわち、A社が「融雪装置」を指定商品として「SNOWLEX」の商標登録を受けても

別のB社が「スキー用具」を指定商品として商標登録を受けることができるのです。

いいかえると、A社はB社が商標「SNOWLEX」をスキー用具に使用することに対して

「やめろ」とはいえないのです。

 

商標権において「指定商品・役務」というのはきわめて重要な概念です。

商標登録を受けるとき、自己の事業展開を考えて「指定商品・役務」を

慎重に考えなければなりません。

このコラムに類似したコラム

新しいタイプの商標の登録査定について 久門 保子 - 弁理士(2015/11/09 16:27)

中国商標判例紹介:OEM商品に付された商標の使用 河野 英仁 - 弁理士(2013/06/06 14:00)

記述的商標の登録可能性 河野 英仁 - 弁理士(2011/09/14 14:00)

商標の基礎知識1(商標って何) 峯 唯夫 - 弁理士(2010/10/05 23:40)