新しいタイプの商標の登録査定について - 特許・商標・著作権全般 - 専門家プロファイル

久門特許事務所 意匠・商標・外国関係担当
東京都
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新しいタイプの商標の登録査定について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許・商標・著作権全般

新しいタイプの商標について

 

2015年4月1日から新しい商標の出願の受付が始まりました。

新しい商標には以下の5つがあります。

(1)音の商標

(2)動きの商標

(3)位置商標

(4)ホログラム

(5)色彩のみの商標

 

 

 

 

4月1日までの

出願数

 

10月23日までの出願数

 

(1)

音の商標

151

 

321

 

(2)

動きの商標

32

 

70

 

(3)

位置商標

103

 

214

 

(4)

ホログラム

      3

 

11

 

(5)

色彩のみの商標

192

 

423

 

 

 

今回登録査定が成された商標は・・・

(1)音の商標            21件

(2)動きの商標           16件

(3)位置商標             5件

(4)ホログラム            1件

(5)色彩のみの商標        0件

 

 

 

【登録査定の例】

(1)音の商標

・久光製薬様のコマーシャルに使用されている音楽

「♪ヒサミツ~♪」ニ長調の音楽ですが、第5類の薬剤が指定商品です。久光製薬様は、日本で音の商標の登録が可能になるかなり前から、欧州特許庁等、外国において既に登録を受けていました。

 

・味の素様のコマーシャルで使用されている音楽

  「♪あじのもと~♪」ホ長調の音楽ですが、第5類のサプリメント等、と第29類のカレー、シチューのもと等が指定商品となっています。

 

・花王様のコマーシャルで使用されている音楽

  「♪ビオレ♪」ホ長調の音楽で、第3類の化粧品、せっけんが指定商品です。

 

・エプソン販売様のコマーシャルで使用されている音楽

  「♪カラリオ~♪」という音楽で、第2類のインクジェットプリンター用インキ等、第9類のプリンター等が指定商品です。

 

・伊藤園様の、やはりコマーシャルで聞いたことのある音。

  「『おーいお茶』という人の音声が聞こえる構成となっており、全体で4秒の長さである。」という音の商標で、第30類の茶、茶飲料が指定商品です。

 

他にも全部で21件の商標があります。この他にも色々ありますが、特許庁情報プラットフォームでご覧いただけます。

http://www.meti.go.jp/press/2015/10/20151027004/20151027004-1.pdf

 

 

(2)動きの商標

・小林製薬様の動きの商標は、20枚の画像で表わされており、人のシャツがはだけてお腹が露出し、そのお腹の輪切りの断面図の上に薬草の様なものが表われた後に消えて、その後、断面から炎が出る様子(内臓脂肪、皮下脂肪が燃える様子を表している?)が見られます。

指定商品は、第5類の薬剤等です。内臓脂肪などを減少させる薬剤やサプリメントなどに使用すると効果的なのだと思われます。(個人的な感想です。)

 

・菊正宗酒造様の商標は、日本酒の瓶が紫色の美しい風呂敷に7割くらいまで包まれていたところから、風呂敷が段階的に回りにきれいに広がってほどけていく様子が見られます。お酒のプレゼンテーションにはとても効果的の様に思われます。(個人的な意見です)。

指定商品は第33類の日本酒、洋酒、果実酒、中国酒、薬味酒です。

 

 

(3)位置商標

 

・ドクターシーラボ様の商標は、化粧ケースであって蓋部分も本体部分も真っ白な円柱形のケースの側面部に赤いリボン状のマークがやや上段に位置されている商標です。指定商品は第3類の化粧品等です。

 

・セイコーマート様の商標は、店舗の最上部分に取り付けられた3段のストライプの看板があり、そのやや左部分に「Seico Mart」と書かれている文字があるもの。ローソンやセブンイレブンでも異なった色合いでその様な看板があります。

 

 

(4)ホログラム

プレゼント用のボックスの上に白いリボンが表わされており、側面にはPREMIUM GIFT CARDと記載されており、そのギフトボックスが虹色?に煌めいて見える商標です。指定役務は、第36類のギフトカードの発行及びこれに関する情報の提供です。

 

 

(5)色彩のみの商標

色彩のみの商標に関しては、まだ1件も登録査定が出ていないようですが、色彩のみの商標については、周知性を証明する必要がありますので、時間がかかるのではないかと思います。(個人的な意見です)。

 

詳しくは、特許庁の特許庁情報プラットフォームでご覧いただけます。

http://www.meti.go.jp/press/2015/10/20151027004/20151027004-1.pdf

 

新しい商標については、また、そのうちに書いてみたいと思っています。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 弁理士)
久門特許事務所 意匠・商標・外国関係担当

お客様の立場にたったサービスを

海外に行く機会が多かったので、サプリメント、化粧品、食品、衣料関係の商品知識があります。また、お酒関係の資格を持っていますので、ワイン、日本酒、焼酎などの商標、ボトルの意匠も手がけさせて頂いてます。

このコラムに類似したコラム