A&M通信~第14回 情報システム活用による経営革新について~ - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

中山 幹男
株式会社A&Mコンサルト 代表取締役
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

A&M通信~第14回 情報システム活用による経営革新について~

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営コンサルティング 経営

 先月、低コスト経営時代に勝ち残る「業務改善とIT活用によるコスト削減の具体策」というテーマで、情報システム会社の株式会社 菱友システムズが主催するセミナーが行われた。 A&Mコンサルトも協賛という形で基調講演を行った。
 基調講演は「低コスト経営時代に求められる経営革新のあり方」と題して、経営環境の認識とその中で求められる経営革新の進め方、情報システムを活用した改革の進め方を講演した。今回はこの講演の要点を説明する。
 リーマンショック以降、日本経済が不況になり、円高、株価低迷、総じて企業業績も悪化した。特に基幹産業である自動車の国内生産台数減少、住宅着工の減少が顕著で内需拡大が難しく、東アジア(中国、韓国)、東南アジア、南アジア(インド)の新興国への外需の対応が必要になった。今年になり企業の業績に明るい兆しが出始めたが、これは、デフレ環境の中で企業が、中国、インドへの海外シフト、低価格商品の開発、EV、HEV等の革新商品の開発等、環境の変化に柔軟に適応した結果だと考える。環境変化に適応した事例では日本電産、ニトリ、マクドナルド、ユニクロ、コマツを取り上げた。

 これらの企業の共通点は、第3回のA&M通信で取り上げた「オフェンス(攻め)とディフェンス(守り)経営」の推進を進めている事である。オフェンス(攻め)経営として顧客の創造を前提に売れる製品の開発、ディフェンス(守り)経営として固定費の低減、変動費の低減を進めている。
このオフェンス(攻め)とディフェンス(守り)経営を支援するツールとして情報システムがある。オフェンス経営ではITを活用して新規顧客開拓、新製品開発、ディフェンス経営ではITを活用して業務プロセス改善を進める。この業務プロセス改善の中身として、経営プロセス改善ではERP、開発プロセス改善ではPDM、生産プロセス改善ではSCM、販売プロセス改善ではSFA、この全てを包含したPLMがあり、これらの情報システムツールを活用して改革を進める事が現在の経営ではスピード、効率性、効果性を考えても重要である。
 なお、ITを活用した業務プロセス改善の場合、IT導入と平行して業務改善を進める必要がある。ITツールを導入して、業務改善がなされなければ効果がでない。業務改善は現状の仕事の内容について目的を追究し、その仕事が行われている要因を調べ、他と比較する事により問題点を抽出し、その問題点を解消する改善案を検討し、実施する。

以上が講演の要点であるが、このITを導入する場合の成功ポイントを記載する

(1)構想段階
  経営戦略上のIT導入の位置付け明確化
(2)企画段階
  IT導入の直接目的、目標明確化
  事業特性、商品特性、生産特性に合ったIT導入範囲、導入方式の決定
(3)構築段階
  業務改善とIT適応設計を平行して実施
  優秀なSIベンダーの設定
  パッケージシステムの場合はカスタマイズ、アドオンの最小化
(4)導入段階
  システムに適応した組織変更の実施
  徹底したシステム、データ精度検証
(5)本番稼動段階
  早期問題抽出と前向きな対応策の検討

 

このコラムに類似したコラム

数年先の経営を見据えた議論 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/02 10:37)

新規開拓の魔法の手? 野崎 一文 - 経営コンサルタント(2012/03/30 12:51)

日経記事;シャープ,12年3月期に海外調達率70%超に に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/12/02 09:07)

世代交代 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/17 09:52)

国内動画広告市場に関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/16 09:51)