職場でのコーチング - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

職場でのコーチング

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

最近企業研修で組織内コミュニケーションという事について話す機会がありました

そこにはマネージャーが多く参加しており現状の問題として部下とのコミュニケーションが

テーマにあがりました

部下が何を言いたいのか分らないし、当然わからない事まで自分に訊きに来る時間の無駄だし、効率的ではない

自分は忙しいし、簡単な事は自分で判断してほしい

「部下はなぜあなたに話を訊きに来るのでしょうか?」

「自信がないのじゃないかな」

「けど、そのくらいは自分で考えてやって欲しい」

では、部下の方に“そのくらい”という事についてお話しをした事がありますか?と尋ねました

「それは経験や普段の仕事から判断できると思う」

“そのくらい”“常識”“一般的”“職務レベル”などというと何となく分りますが

実際には、その考え方は皆それぞれ違います

これが、コミュニケーションに障害を起こす事になります

そこで、マネージャーに方々に要望しました

「コーチングマインド」を持つこと

まずは部下に関心を持つこと、そしてその成長をサポートする事

その為には、部下が“何をどう思っているのか”を聴くことです

決して時間を多くかける必要はないと思います、ただし頻度は上げて欲しいのです

この少しの関心が部下の成長には大変大きな影響を及ぼします

コーチングの最初は、相手に関心を持つことで、これは結果的に信頼関係を築く事になります

ぜひ、まずは部下の話を聴いて下さい

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

心を突き動かす質問 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/20 11:30)

話されていないことはなんですか?(システムコーチング) 橋本 博季 - パーソナルコーチ(2010/09/24 11:13)

ホウレンソウ 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/12/10 19:00)

自ら成果を出すチームを作るには?【マネジメントの失敗と成功あれこれ】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/05/22 20:34)

大切にしていることは何か? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/05/18 11:54)