実は知られていない立地判定の正しい基準 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実は知られていない立地判定の正しい基準

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
立地判定と売上予測の基礎
お店のある場所、出店する場所のことを、周辺環境も含めて「立地」と呼んでいます。
出店開業のハウツー本などを読むと、必ずといっていいほど「立地が重要」「立地の選定がポイント」などと書かれています。
そのためでしょうか、その重要性については、出店・開業を志す皆さんに随分と浸透してきているように感じられます。

ところが、「立地の重要性」が広く認識されながらも、その良し悪しを判断する正しい基準については、ほとんど知られていません。
残念ながら、多くの人々が、手探りで出店立地を探し、あやふやな基準で物件を決めてしまっているのが現実といってよいでしょう。

それだけではありません。
そういった現実につけ込むように、間違った考え方がもっともらしく流布されています。

例えば、
・人通り(通行量・交通量)が多い
・近くに有名チェーンの店がある
・駅に近い

などは、典型的な「好立地の条件」として、多くの出店開業に関わる業者やコンサルタントの方々が口にしています。
しかし、実際は、これらの条件を満たしていても不振であったり撤退したりする店が少なくないのです。

では、出店・開業の物件選びで失敗しないためには、どうしたらよいでしょうか。

まずは、こうした通説をドラスティックに捨て去ることが必要です。

(つづく)


PR


ソルブの代行調査】出店判断に必要不可欠な立地要因を、効率的にスピーディに調査。安価でご提供。