通行量を調べても出店後の売り上げはわからない(1) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

通行量を調べても出店後の売り上げはわからない(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
立地判定と売上予測の基礎
物件探しの基準について、通説として知られているものにも落とし穴があると書きました(前回)。
その最たるものが「通行量(交通量)」です。
通行量が多ければ多いほど売れるはずだと。
多くの開業ハウツー本が通行量を調べるよう訴えており、物件を探している人は必ずと言ってよいほど通行量に強い関心を示します。

通行量調査が浸透してしまっている背景の一つとして、通行量は数値化されたシンプルな立地指標の一つであることが挙げられます。
他の物件と比較しやすく、また感覚的にも受け入れられやすいのです。
しかし例えば、店の前を、会社に通勤する人が毎日1000人往来しているのと、流入してきた買い物客が毎日1000人往来しているのを、同じ「1000人」と考えてもよいものでしょうか。
通行量とは、本当はそんなに簡単に比較できるものではないのです。

(つづく)


PR


ソルブの代行調査】出店判断に必要不可欠な立地要因を、効率的にスピーディに調査。安価でご提供。