『フドウサンヤ』 と 『リアルター』   有るべき姿 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント
東京都
宅地建物取引主任者
03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『フドウサンヤ』 と 『リアルター』   有るべき姿

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

『フドウサンヤ』と『リアルター』   不動産ドクターとして有るべき姿

不動産ドクターです。

不動産ドクター2.jpg


アメリカでは、人生成功の条件
 
「 医者、弁護士、不動産屋。この3人の友人を持つこと」
 
 とされている。 
 医者 =健康のアドバイザー
 弁護士=権利を守ってくれる人
不動産屋=不動産という資産のアドバイザー
 と言うことのようです。


アメリカでは不動産屋さんのことを『リアルター』と呼ぶようです。
アメリカでは医師弁護士に並ぶステイタスの高いお仕事と認知されています。

しかし、ここ日本では『フドウサンヤ』のイメージはとても低いようです。
うさんくさい・だまされる・反社会的組織との繋がりがある
というようなイメージを持たれている方が多いようです。


これはなぜだろうか?

日本では不動産屋は、なぜそのように思われてしまうのか?
日本では、アメリカでそうであるように、高尚な、立派な職業ではないのか?


そんなことはない。立派な職業。
不動産を扱う人は、不動産及び税金や金融その他周辺事項に関する
深い責任と見識を持ち、クライアントの状況を見極めながら最良のアドバイスをしてくれるはずだからだ。
そうだ。してくれるはずだ。そうに違いない・・・。・・・っと思いたい。

 ところが、現実はそうではない。もちろんなかにはまともな業者はあるが、 実際は多くの不動産取引の現場では、知識のない営業マンの対応・節穴だらけの取引や、ユーザーの都合をないがしろにした取引が横行している。


理由として考えられることは多々あります。

1.
フドウサンヤならだれでも儲かっていた時代があったこと。
2.
宅建免許の取得が容易なこと。
3.独特の閉鎖的な情報流通の仕組みがあったこと。
4.弁護士でいう双方代理が横行していること。



特に4.がどういうことかというと、

アメリカでは不動産の売り手が依頼した(不動産屋=)リアルター
買い手が依頼したリアルターが、それぞれの依頼主の利益のためにその知識と技量とを活用してそれぞれの意見を闘わせてせめぎ合い、その接点を出していくという形態が主流です。

そうです。弁護士に例えるなら
原告側の弁護士(検事)と被告側の弁護士がその頭脳と話術で戦うのと
同じ構図が有ります。

不動産取引はとても大きな商取引ですので、腕の良いエージェントに依頼をし、より有利かつより安全に取引を展開することは非常に意味のあることなのです。

ということは、弁護と一緒で、売り手も買い手も一人のフドウサンヤに依頼するということは、とりもなおさず、原告も被告も一人の弁護士に依頼をするのと一緒なのです。


民法第108条に『双方代理の禁止』が有ります。

利益が相反する両者から一人の人間が代理人になることはできない
ということです。

双方代理図式.jpg



日本の不動産取引も双方代理の禁止の原則を当てはめることにより
その専門性・見識・技量・責任感が問われることになり、
それに疎い人たちは市場に残れない構図になるはずです。



このことは私の周りの善良な業者さんでも主張している人が徐々に増えてきています。
この声が大きくなって、いつの日かフドウサンヤがリアルターになることを願っています。


そのためには、当社(私)が先ずはシッカリと研鑽を重ね、社会的責任をさらに強く認識したいと思っています。



不動産クリニック 不動産ドクター 鈴木豪一郎
 
□□□□ http://www.tokiwa-r.co.jp/ □□□□
【不動産クリニック】
株式会社常盤不動産
東京都大田区池上6-1-3
TEL03-6410-3630

鈴木豪一郎
clinic room blog;   http://tokiwa-r.seesaa.net/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 宅地建物取引主任者)
不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント

不動産クリニック 不動産総合ドクター

不動産売買にはトラブルや落とし穴がつきもの・・・“重要事項説明”だけではそれらは回避できない。不動産購入売却は人生の一大イベント850件以上のケーススタディーに基づき、細心の注意力と最新の技術で“安全”“安心”“満足”を目指します。

03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

聞く力 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2012/10/12 18:10)

査定依頼はどこに? 平野 秀昭 - 不動産コンサルタント(2011/08/28 12:46)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

行政書士事務所併設 山田 大史 - 代表サポーター(2016/10/23 09:21)

~嬉しかったこと~ 不動産ドクター 鈴木 豪一郎 - 宅地建物取引主任者(2016/09/18 11:07)