土地購入とローンと諸費用 - 住宅費用・資金計画 - 専門家プロファイル

松尾 琢磨
株式会社エヌ・プランニング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地購入とローンと諸費用

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅費用・資金計画

  土地購入をローンでする時、ローンの金額にプラスして、諸費用というのがかかります。税金や登記にかかる費用など、土地購入のような大きな買い物では色々な費用が発生しますので知っておくといいでしょう。契約書を取り交わす場合は、契約の金額によって印紙税が必要となります。

  印紙税は収入印紙を契約書に貼り付けるという形で納付するもので、工事請負契約書や売買契約書に使います。2部ずつ同じ契約書を作成して、うち1枚を自分で持ちます。契約金額5,000万円以下であれば、契約書の収入印紙は1万5,000円から2万円となります。自身の契約書に関してのみ負担をします。また、固定資産税評価額の約1%が不動産取得税となります。これは不動産を得る時に払わなければならない税金であり、かつては4%に設定されていました。

  登記免許税も、土地や建物を取得し、登記を行う時に発生する税金となります。登記免許税は、抵当権設定や土地や所有権移転、建築物の所有権移転や保存といった様々な登記にかかる税金です。登記書類の作成や登記手続きは司法書士に頼むことが一般的ですが、そのためには司法書士への費用も必要となります。土地家屋調査士費用も重要です。土地家屋調査士とは、登記に必要な登記表示を調べるために頼まなければならない専門家です。ここでは税金や登記費用を中心に諸費用について語りましたが、これ以外にも生命保険や手数料が必要です。

  土地購入や住宅のローンだけでも、大変な費用ですが、その他にもこのような諸費用がかかりますので資金計画は慎重にしましょう。

このコラムに類似したコラム

45歳にお勧めの住宅ローンは何年? / 札幌のFP事務所Mクリニック 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/18 09:00)

第11回 初めての住宅~こころえ(5)~ 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/01 08:52)

住宅ローン固定型希望が急増中 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/07 11:36)

7/14ハウジングギャラリー水戸・7/15「すまいりんぐひたちなか」住宅セミナー開催♪ 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/07 11:00)

健康第一、金利は第二!!その1 佐藤 陽 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/16 22:25)