何ごともバランスが肝心…? - キャリアデザイン - 専門家プロファイル

杉山 孝
株式会社キャリア・クリエイト 代表取締役 人材コンサルタント
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何ごともバランスが肝心…?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアデザイン

キャリアというと、かつては「高級官僚」等のエリートを指す言葉でした。また、最近では「経験してきた職業の連鎖」などと定義されたりするので、「キャリア理論なんて自分には縁がない」「この歳になって、今更キャリアなんて言われても…」なんておっしゃるみなさんも多いかも…。

 

とはいえ、キャリア理論には、「示唆に富んだ話がいっぱい!」。ということで、今回から、キャリアの理論家のお話をご紹介していきます。栄えある第1回は、キャリアという言葉・概念の産みの親と言ってもいい、コロンビア大学名誉教授ドナルド・E・スーパー(1910~94)のお話。

 

スーパーは、キャリアを『人生のある年齢や場面のさまざまな役割の組み合わせ』と定義しました。私たちは、家庭や学校・職場や地域社会といったいろんな場面で、1.子供、2.学生、3.職業人、4.配偶者、5.家庭人、6.親、7.余暇を楽しむ人、8.市民等の役割を担っているわけですが、スーパーは『そのすべてがキャリアである』と考えたわけです。まぁ、簡単に言えば、「3.職業人としての役割だけがキャリアじゃないんですよ!」ということ。

 

例えば、私の現状に照らし合わせてみると、「1.親父の墓参り、最近行ってないな~」「3.まぁ、仕事は一生懸命やってるかな…」「4.最近、女房とはゆっくり話してないな~」等々…、疑問符だらけ、反省しきりの自分に気がついてしまうわけ。要は『バランスが肝心』ってことですね!?

 

よろしかったら、1~8.の役割を参考に、ご自身のキャリア(役割)を確認してみては如何でしょう?「何をやったらいいのかわからない」なんて言ってる場合じゃない、やりたいことだらけになっちゃう可能性大ですぞ!?

このコラムに類似したコラム

ライフ・キャリア 11:「生きかた」としてのキャリア 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2011/12/27 11:35)

【世界を旅して働くレシピ(10)】 旅する目的と「働く」こ… 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/02/22 12:00)

【世界を旅して働くレシピ(9)】 カンボジアで「働く」ことを… 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/02/21 08:00)

ライフ・キャリア2:ライフ・キャリアの概念 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2011/10/24 12:36)

キャリアの描き方 藤本 梨恵子 - 研修講師(2010/06/11 01:35)