☆ ○LDKの発想を捨てる - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

☆ ○LDKの発想を捨てる

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●デザイナーズ住宅をよりローコストに ☆合理的なプランニング
 高度成長期に住宅公団が提唱した、2DKとか3LDKとか云った間取りの呼称は、一般の人に部屋の大きさを漠然と想起させ、比較的便利な為広く普及しました。
 ○は居室の数を表し、Lは居間、Dは食堂、Kはキッチンを表しています。時代は移り人々の住宅に対する願望は○LDKの発想で対処出来なくなって来ています。 納戸が必要、趣味の部屋が欲しい子供部屋はいらないが、廊下を広くしてそこに机やベッドを置きたい。
 吹き抜けが欲しい。etc・・・。この様に、器にライフスタイルを合わせるのでなく、ライフスタイルに器を合わせる工夫が今後顕著になって来ます。
 中途半端に○LDKの呪縛に悩まされていれば、○LDK+趣味の部屋+納戸+勉強コーナー+吹き抜け、と云った様に際限なく床面積が広がってしまいます。個室が本当に必要なのか、居間って必要なのか、食堂で本当に食事をするのか、もう一度ライフスタイルを考えて下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●デザイナーズ住宅をよりローコストに」のコラム

☆オペレーションリサーチ(2007/06/24 10:06)

☆改修計画(2007/06/24 10:06)

☆構造計画(2007/06/24 10:06)

☆収納を事前に考えておく(2007/06/24 10:06)

☆外壁面積を抑える(2007/06/24 10:06)