シニアカーに因る事故の増加 - 損害保険・その他の保険全般 - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:損害保険・その他の保険

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

シニアカーに因る事故の増加

- good

  1. マネー
  2. 損害保険・その他の保険
  3. 損害保険・その他の保険全般
保険 損害保険
最近、皆さんも歩道で見かけるかと思いますが、高齢者らの乗るハンドル型電動車いすのシニアカーに追突される事故が増えています。

先日も東京都の77歳男性が運転していたシニアカーに追突された男性が賠償を求め、東京地裁に提訴しました。77歳男性はシニアカー用の損害保険に加入はしていたが、シニアカーには自動車のような強制加入の自賠責保険はなく、原告側の弁護士は「損害保険未加入だと、高額の賠償を余儀なくされる」と注意を呼び掛けていました。

そもそも、シニアカーなどの電動車いすは道路交通法上は「歩行者」に分類され、歩行者とぶつかっても歩行者同士の衝突事案とされるらしく交通事故では無い為に実際の事故数は警察側も把握できていないとの事です。

東京海上日動などの損保大手6社はシニアカー運転者を対象とする保険を取り扱ってはいますがパンフレットも支社で見た事が無いくらい積極的な推進はしている様子は無く公に加入率や支払件数は公表していません。

実際、運転者側の危機意識も低く平然と保険に未加入で運転されている方も多いのが現実です。今は、日本もアメリカと同じく賠償の時代です。いつ自分が加害者になるかも知れませんから、しっかりつ必要な保険には加入する事をお薦め致します。事故が起きてから「どうしたらいいですか?」と言われてもどうにも出来ませんからね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

地震保険の値上げと改正(2016/06/04 17:06)

又、上げるの地震保険!(2015/05/05 13:05)

再生医療普及へ保険販売(2014/09/15 15:09)

長期火災保険(2014/09/14 11:09)

このコラムに類似したコラム

自賠責保険広報キャンペーン 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/03/03 16:00)

損害保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/11/22 00:00)

再生医療普及へ保険販売 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/15 15:29)

子供の自転車事故に備えていますか? 井浪 啓之 - 保険アドバイザー(2014/07/01 13:19)

企業の為の損害保険 相馬 純 - 保険アドバイザー(2013/11/15 18:28)