2歳とか、4歳とかの死亡記事 - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
宮城県
院長・医師
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
それらを見ると、親は鍵をかけて出ていたり、マンションで親が下の入り口まで行った隙に高層階の窓から転落したとか、あるいは鍵をかけて10分くらい留守にした後で火災が発生、4歳とか、大きい場合には6歳くらいの子供も煙にまかれ死亡したような記事が、毎日のように見かけます。

これは防げないのか?
先日も2歳、4歳の子供が意識不明となり、本日、上の子供さんが亡くなったのです。
現場検証で、寝室の燃え方がひどく、ライターも見つかったとありました。
玄関は母親が買い物に行ったときに鍵がかかったままでということです。

まず考えられるのは、ライターが子供の手の届くところにあったこと、ストーブが消してあったとしても、午後4時頃なのに、なぜ子供を置いて買い物に母親が出かけたのか。

もちろん母親を責めるつもりはありません。私も同じような子供を持つ親、お気の毒でしょうがないですし、私でも同じようなことが起こったかもしれない。
ただし、私はタバコを吸わないのでライターは家にありません。仏壇のマッチくらいはあります。

平和ボケの日本では、未就学児でも平気で家や車に置いて買い物、パチンコなどする親が多いのも現実。これは明らかに虐待の中に該当する行為です。欧米では、特に未就学児の安全は親の責任です。

アメリカのある州で、子供を車において買い物をしていただけで通報され、車に帰ったら警官が周りを囲んでいたという話を聞きますし、パリでは小学校は、必ず親が同伴して登下校させます。
日本もそろそろ未就学児あたりを一人にさせたら虐待!というくらいにならないと表記のような事件はくり返されるでしょう。
この点を法務大臣に要望したいぐらいです!
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / 院長・医師)
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。