Y様体験談と高断熱高気密FP工法・オール電化光熱費 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

のせ一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士 インテリアコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Y様体験談と高断熱高気密FP工法・オール電化光熱費

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●高断熱・高気密/オール電化・省エネの住まい造り
金曜日は1年目の定期巡回サービスを兼ねて、平成20年11月にお引き渡しをさせていただきました
Y様邸へお引っ越し後1年のお住まいの感想を伺いに参りました。

Y様は、以前はお近くの分譲マンションにお住まいでした。
土地を買われてお住まいを建てられた方です。
土地購入以前から、弊社の現場見学会に何度も足を運んで下さっておりました。
マンションからのお買い替えですが、結構なエネルギーと時間が必要であると思います。
ご興味の方も多いのではないでしょうか?

土地の購入時も弊社社長の野瀬が現地を見に行き、問題点がないかをみて差し上げておりました。

初めてお会いしてから3年位の月日が経ち、お住まいが完成した御客様です。

残念ながら奥様にはお仕事の都合で今回お会いできませんでした。

お玄関を入ると、お玄関ドアの色に合わせられたのか、とても素敵なアンティーク調の
キャビネットが。
玄関マットは竹を編んだような素材。手前にはブルーの藤製傘立て。
ナチュラルな雰囲気でいっぱいです。

まずはじめに社長の野瀬が何か問題がないか、外回りをチェック。

次にお客様が気になっていらっしゃるところを御客様と一緒にご説明を受けながらチェックします。

Y様は、気になるところを事前に箇条書きにし用意して下さっていたのでお話も早いです。

ご主人はご覧のとおり襟付きのカットソー1枚の姿。

金曜日は曇りで太陽の光は全く室内に差し込んでおりませんでしたが、室内は暖かいです。
2時ごろお伺い致しました。

2階がLDKなので階段を上がってまず2階へ。
階段の窓辺にもグリーンを飾り、雰囲気が良いです。

2階に上がるとコーヒーのとっても良い香り。
ご主人がコーヒーを入れて準備をして下さっておりました。

このダイニングでいろいろとお話を伺いました。

対面カウンターの棚にも上手にカゴを入れていらっしゃいます。

自分の部屋よりも居心地がよいのか、S君も学校から帰ってきて、この2階のダイニングテーブルの
ところで宿題をしているそうです。

もちろん階段を上がるとすぐLDKです。
これでもちっとも寒くありません。

3階建を建てたご主人の友人で2階LDK、Y様と同じような間取り、階段からオープンにLDKの
お住まいの方がいらっしゃるそうですが、冷暖房対策で階段の入り口に引き戸をつけようか、
なんて話もでているらしいです。

FPの家はそんなもの全く必要ありません。
階段もLDKと同じ温度です。

ご主人曰く、
「反省点として間取り上道路面に階段がきていますので、ダイニングの方に思うほど光が
入らず、ちょっと残念。オープン階段にして光をもっと取り入れられるようにしておけば
よかったかな?最近ネットなど見てでオープン階段のことが解ったのですが。」

ダイニングの横にはすぐリビングスペース。

お打ち合わせ時からお持ちだったマッサージソファ(右端オレンジ)は予定通りリビングに
おいていらして、手前のベージュのソファのセットは、ご新築後購入されたご様子。

「室内の色味は3色に抑えた方がまとまりますよ。」
と私がお打ち合わせ時にお伝えしたように思いますが、そのように意識されていらっっしゃるの
でしょうか?
グリーン、ベージュ、イエローの3色でまとめていらして統一感がありきれいでした。

「FP工法の住み心地は想像通りで特に大きな問題はないです。家内はワンフロアで家事作業の
すむマンション派であったが現在はとても満足している。マンションは結露が多いけれど、
このうちで結露は見たことがない。マンションは個室冷房房で寒かったり暑かったりする部屋も
ありましたがそれもないですし。」

奥様はワンフロアですべての家事が済むマンションがいいという事で、どちらかというと
マンション派だったとのことですが、今では、戸建の住まいに大満足とか。
奥様もご主人と同じご意見の様です。

実は、私も今回初めて知りましたが、Y様ご家族は、他の工務店が行っていたFP工法の家
【体験宿泊ハウス】に4回ほどご家族でお泊まり体験していたそうです。

FPの家の快適さは想像というか体験どおりとか。
すごくよく研究されてFPの家を選ばれたご様子です。

また、そこまでされていて、その工務店に決めず、弊社に決めて下さったとは、大変ありがたい
思いです。誠にありがとうございます。

「家族全員花粉症ですが、家にいる間はくしゃみの回数は少し違うかな〜。」

「冬は確かに室内も乾燥気味であるので加湿も使ってみましたが、布団が湿気を吸ってなんとなく
湿っぽく冷たくなってしまうのでやめました。僕は全然大丈夫なのですが、紙の加湿器を子供部屋に
は置いています。家内は乾燥防止マスクをして寝ています。」

窓結露も全くないとおっしゃるとおり。(写真左)
室内が暖かくても結露ありません。

ですからこんな風に窓辺にいろいろなものを飾ることができます。
これは出窓でもなんでもなくて階段の普通の窓です。

TVにはWii(ウィー)がつないであって、スクリーンにはPlayStation(プレイーション)が
繋いであるので、このホームシアタールームがお子さんS君の遊び場になっているようです。
お友達を呼んでここで遊ぶとか・・。

1階ですし日当たりも期待できなかった部屋ですが、そんな心配もよそに、とても暖かでした。


「テレビをガーッと後ろにさげてスクリーンを下げるんです。」とご主人。

シアタールームにはワインセラーも置いてあって、ちょっとムードを出して飲みながら映画でも
ご覧になるのでしょうか?

「これが省エネ型でなく電気代くうんです。これ入れて電気代ちょっと上がりました。」とのこと。

こちらは3階のS君のお部屋。
こちらのお住まいで一等地です。
「マンションの時は下への音を気にして生活しなくてはならなかったが、現在では気にすることも
ないですね。」とご主人。
S君ものびのびと遊んでいるそうです。!

最後に光熱費の表。(写真右)
ご主人がエクセルでまとめて下さっているものです。

以前のマンションは85m2位でいらしたという事ですが、現在は130.19m2(39.3坪)と
大きくなっています。

「光熱費そのものは比べると少し高くなっていますが全館冷暖房だし、どの部屋も快適です。
いろいろ考えて造った家なので思い入れも大きい。
エアコンは付けっ放し、と会社の同僚に話すとビックリされます。
温度設定は、基本的には19度、1階は20度です。
明日は寒くなりそうだという時は、夜の安い深夜電力の時間帯に温度をあげて部屋を
暖めてしまいます。昨年は18度に設定していましたが、やっぱり18度だと上着一枚着ないと
少し寒い。せっかく高断熱高気密の家を建てたのに寒い思いをしていてもつまらないので、
今年は温度を少し上げました。」

ご主人は、蓄熱効果の高い高断熱・高気密の建物をよく理解して下さっています。

ご主人は、写真にもあるようにカットソー一枚で対応してくれました。
お話中、私は上着を着ていたのでちょっと暑いくらいでした。

*青字の2005年から2008年11月までの光熱費は、以前のマンションの光熱費です。
 赤字の年の分が、ご新築後の光熱費です。



<各説明の写真は弊社ブログを是非ご覧下さい!>
http://blog.goo.ne.jp/assetfor/e/9fd3bab6a5d0c5138c0cf16a0d342e13


株式会社 アセットフォー
http://www.assetfor.co.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士 インテリアコーディネーター)
のせ一級建築士事務所 代表

女性のためのサポート・セカンドオピニオン専門建築士事務所

住まい建築、購入、リフォームを考えていらっしゃる女性のための建築士事務所です。一生に何度も経験する訳ではないので、解りにくい建築や不動産の事。 どんなことでもざっくばらんにご相談ください。 当事務所を転ばぬ先の杖としていただければ幸いです。

カテゴリ 「●高断熱・高気密/オール電化・省エネの住まい造り」のコラム