換気 1 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

換気 1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●エコノミーなエコロジー ☆換気工事
外張り断熱の特徴として、気密性の高さが上げられます。気密性の高さそのものは、住宅を造る上で、特に目標とする項目では無いのですが、断熱性能を追求して行くと気密性が高くなった、と云うのが実状です。
人間が家の中で生活している以上、呼吸し、火を使いますので、どうしても空気が汚れます。
また、空気が滞留すると、湿度が上昇し、ダニが発生したり、結露の原因となったり、またハウスダストが除去出来ず、不健康な住宅になってしまいます。ホルムアルデヒドその他有害物質も無視出来ません。
気密性の悪い隙間だらけの家でしたら、全く気にも止めない換気ですが、気密性の高い住宅ですと、やはり計画的に換気してやる事が重要になります。人間一人に必要な換気量は30m3/hですから4人家族では120m3/h必要になります。
高気密住宅では隙間風が殆ど期待できませんから、全てを換気扇に頼る事になります。それでは、どの様な大きさの換気扇かといいますと、トイレ用の150mmのパイプファン一つでOKなのです。金額は大体1万円前後、消費電力は5W前後ですから、一月間回しっぱなしにしていても、100円かかりません。これはローコストです。

ただ、トイレの様に狭い空間で運転していても、給気孔が無ければ効率良く換気してくれません。また、給気孔があってもトイレの外壁に設けられた給気孔だと、ショートサーキットを起こして、家全体の換気をしてくれません。トイレのドアにガラリをつけるとか、別な工夫が必要になります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●エコノミーなエコロジー」のコラム

換気 2(2007/06/09 21:06)