文科省がHPで意見募集。事業仕訳骨抜きを狙うのか!? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

文科省がHPで意見募集。事業仕訳骨抜きを狙うのか!?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
政治の話
やはりというか、官僚は、行政刷新会議の事業仕訳の結果について、
国民の意見を集めるという形で反撃に出てきた。文科省HPを見て頂きたい。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm
この点につき、17日19時27分asahi.com記事はこう報じたのである。

国民のみなさん、この結果をどう思いますか。文部科学省が16日から、
行政刷新会議による事業仕分けの結果を同省ホームページに掲載し、意見募集
を始めた。文科省の事業に対して「廃止」や「予算縮減」など厳しい仕分け
結果が出ているが、「仕分け結果に疑問を持つ国民の声が集まれば」と
期待する同省幹部もおり、今後の予算折衝の反撃材料にしたい思惑も透ける。
意見は予算編成大詰めの12月15日までメールで募る。川端達夫文部科学相
は17日朝の閣議後記者会見で「(仕分けに対して)いろんな意見を受ける
場を提供したいと思った」「国民がどう思うかも大事な要素」と述べた。
(略)文科省は、ホームページに「事業仕分けを契機として、多くの国民の
皆様の声を予算編成に生かす」として、まず11、13日の結果を掲載。主に
教育分野の事業は鈴木寛副大臣と高井美穂政務官、科学技術・文化分野の事業
は中川正春副大臣と後藤斎政務官に、それぞれ届くメールアドレスも公開した。

案の定というか、下手に抵抗すると国民を敵に回しかねないと警戒した官僚が
事業仕訳の説明に、職責上の上司者ではあるが、祭り上げられている方を
事業仕訳の会場に派遣し、しどろもどろの言い訳をさせた挙句、復活折衝で
回復を図ろうとする意図が見え見えである。
もしこれを民主党政権が認めてしまうのであれば、政治主導など画餅に帰す。
文科省のこの動きに対しては、私は断固抗議したい。国民の声を直接大臣や
政務官等に伝えたことは評価できるが、なぜ事業仕訳前にやらないのか。
8月末に民主党政権が誕生して以来約3ヶ月。行動を起こすには少なからぬ
時間があったと言わざるを得ないと私は考えるところだ。
行政刷新会議が公開の事業仕訳にした意味を考えれば、今回の文科省の
動きは、官僚の抵抗と見られても致し方あるまい。川端文科相以下、
中川・鈴木両副大臣らが同調しないことを希望したいところだ。
専門分野ではなかったシャドーキャビネットから専門分野に戻ってきた
中川氏や、区長選等の演説、応援演説等から少なからぬ期待を寄せていた
鈴木氏だけに、期待を裏切らないで頂きたいものである。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「政治の話」のコラム