「頭金不要の1棟買い」の真実〜その2 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

尾野 信輔
株式会社えん 
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「頭金不要の1棟買い」の真実〜その2

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
マンション経営
まず、基本的なことですが、マンションだと1棟買いはほとんどが中古物件前提になります。

それはそうですね。
地主でもない限り、建築中の支払いのことを考えると、即家賃が発生する中古物件は理にかなっていると思います。

で、ポイントは「頭金不要」というところです。
要するに「満額評価」、登記費用や取得税のことまで考えるなら「オーバーローン」を組める物件ということになります。

潤沢な自己資金があれば、評価が減額になった部分や登記費用、取得税は全く考えずに欲しい物件を買うことができるのですが、サラリーマンのかたであれば、準備できる資金には限度があります。

中古物件の傾向としては、金融機関の「評価」が付きにくいというのがあります。
相当良質な物件は別格でしょうが、なかなかそこらにある話ではありません。
その辺を「熱意」で乗り切るというのは、至極まっとうなご指摘だと思います。

実際、融資の割合は金融機関によってまちまちでしょうが、仮に1億の物件を8割融資で検討するとして、手持ちの資金としては2千万以上の資金が必要になってきます。

いくつか物件を取得した後には、金融機関に所有物件を共同担保として提供することで追加融資を受けることも可能ですが、最初の1棟を購入する際は必ず資金がかかります。


不労所得を得る手段としては、他のいかなる投資よりも安定性に優れる不動産投資が、多くの人に躊躇される理由はまさにそこではないかと思っています。

不動産投資の成功の鍵は「いかに少ない資金でスタートが切れるか」というところにあるのではないでしょうか。











株式会社えんhttp