Windows 7 のススメ - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

林 俊二
ネットライフパートナー株式会社 なにしろパソコン編集長
東京都
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
皆さんは、もう Windows 7 を導入されましたか?

Windows 7 導入なう(編集長の「今日のつぶやき」)



もし『ビジネス』で常用するソフトウエアや周辺機器が Windows 7 では動かないという場合以外、 日々の業務に Windows Vista 搭載のパソコンを使っているなら、一刻も早く、Windows 7 にアップグレードすることをおススメします。

数十〜数百台規模でパソコンを導入している企業は別です!その規模になると投資額が大きく、もう少し様子を見て、しっかりと動作が安定(最初のサービスパックが登場)するのを待ったほうがいいでしょう。
Windows 7への移行はSP1まで待つべきか?(ITmedia News)


とにかく同じスペックのパソコンのままで、前のバージョンからアップグレードしただけで速度が向上し、有効な機能が追加されたのは Windows 史上、画期的なことだからです。

確かに、いままでも Windows Me から Windows XP のように、メモリーを増設すれば安定性が向上し、機能も充実したケースはあります。

しかし、数倍のメモリーを消費することで機能が向上する、さらにはパソコンを買い替えて機能向上するのは、ある意味で『当たり前』です。

ハードに追加投資しないでも機能が向上する、というのは評価してもいいでしょう。

さらに Windows Vista のときに何の役にも立たなかった「Windows フリップ 3D」とは違い、今回の「スナップ」や「ライブ タスクバー プレビュー」などの機能は実用価値が高いものです。

Windows 7 ここがスゴイ(Microsoft)



本来なら、もう少し検証してから断言したいのですが、この1週間で明らかに作業効率がアップしたことを実感した以上、紹介するしかないでしょう。


パソコン生活応援アドバイザー 林 俊二(キューアンドエー株式会社


運営ポータルサイトブログTwitterメールマガジンパソコントラブルQ&A
インターネットFAX「メッセージプラス」ウイルス対策サービス「安心だネット!」