快適暮らしは「収納計画」で決まる #3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

快適暮らしは「収納計画」で決まる #3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住まいづくりの発想 暮らしを豊かにする収納術
自分の住まい、自分の部屋がどのような状況だと快適と感じるか? もちろん人それぞれなのですが、たくさん所有しているモノが機能的に収納できて、容易に整理できる、片付けることができる状況については、たいていの方々は快適だと感じるはずです。 (僕が読んだ小説のなかで、身の回りが雑然としていないと落ち着かない・・という人がいたので例外パターンはあると思いますが・・)

そこで、住まい、部屋のなかで空間の広さを保ちつつ効果的な収納の計画が重要になるのですが、ひとつの考え方として、多目的に使用できる収納を計画することで、その空間において合理的で広さを保ち快適性を高めることが実現できます。

写真は、ロフト(居室使用ができる部屋)への階段を2方向から使える「階段収納」としてデザインした事例です。 階段部分は本棚として、側面は扉や引き出しで隠す収納と見せる収納として、多目的にかつ、階段と収納を組み合わせることで空間の広さを生み出しています。


●日常をお伝たえするブログ酒井正人DesignDiary

●デザイン住宅・リノベーションの設計相談(無料)承っていますサカイデザインネットワーク

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム