快適暮らしは「収納計画」で決まる #2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

快適暮らしは「収納計画」で決まる #2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
住まいづくりの発想 暮らしを豊かにする収納術
住まいづくりのなかで「収納計画」を考えるとき、今持っているモノ+将来増えるモノ、そしてこのタイミングに処分を判断するモノ・・と、正確に自分達の持ちモノを分析する作業は、実際かなりたいへんな作業になると思います。 しかし、この作業が快適な住まいづくりのヒントになるのです。

各部屋に必要な収納を設けることと、まとめて収納できる「ストックヤード」的な収納スペースをどこかに計画することは、暮らしの中で日常的な整理整頓が楽になり、快適な暮らしをうみだすポイントです。 ではどこに「ストックヤード」的な収納スペースをつくるか?

まず考えられるのが、玄関付近や廊下に面する場所。 そして、モノが煩雑になりやすいリビングの近くも便利だと思います。 

玄関や廊下に収納スペースを連動させることで、居室に比べ「ムダ」と感じる空間になりやすい場が「機能的」で重要な場に変化します。

日本人の暮らしには欠かせない「玄関収納」は、大きく分けて、家具型とウォークインクロゼット型の2通りが考えられますが、靴のほかゴルフバッグやスキー道具など複合的な要素を考える場合は、やはりウォークインクロゼット型はとても便利だと言えます。

写真事例は玄関を入りすぐの場にシューズ用のクロゼットを配し、その奥に季節の衣類などを収納するためのクロゼットスペースを計画しました。

●日常をお伝えするブログ酒井正人DesignDiary

●新築・リフォームなどデザイン住宅の無料相談受付中サカイデザインネットワーク

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住まいづくりの発想」のコラム