「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさん - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさん

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 うまくいく人の本質を学ぶ
「ゲゲゲの鬼太郎」の著者である水木しげるさんの自伝を読みました。

印象的だったことをちょっとご紹介します。

水木さんは1922年生まれ。
太平洋戦争にも出征した兵士経験者です。
戦争で爆撃を受け、左腕を失っています。
ただ、同じ戦地で闘った仲間は全員死んだのに、水木さんは奇跡的に生き残ったことが、その後の人生を力強く歩むきっかけになりました。


戦地のジャングルの中。

そこで水木さんは、オウムの家族会議の風景を見つけ、その様子がキレイで楽しそうなのに見とれ、ハッと気づいたら、戻る時間が過ぎていたそうです。
でも、そのお陰で銃撃戦での致命傷からまぬがれた・・・。

人生の分かれ目なんて、不思議なものです。

復員後は、闇の担ぎ屋や魚売り、アパート経営など・・・いろんな職を転々とし、紙芝居の仕事に出会ったことから漫画家の道へ・・・。
作品が世に出たのは、復員から20年後のことです。
命が生かされたことだけで、毎日が喜びだったとか。

若い人達に対して、

「苦しいことから逃げちゃいかん。若いころはラクをせずに、苦しい方向に行くこと。苦しみ慣れすると、強くなれる。
頭を使って知恵を絞り、成功するんだという強い意志をもって努力すること」

戦争体験者の言葉はとても重いです。