シンクロニシティ(意味のある共時性) - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

宮本 ゆかり
マイウェイネットワーク 
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鈴木 達也
(ビジネススキル講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

シンクロニシティ(意味のある共時性)

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
夢を実現する力 会いたい人を引き寄せる
「願いは叶う」と言います。
しかも、その思いが強ければ強いほど、早く確実に叶うことを私は確信しています。

以前、ちょっとした誤解から、長年の友人とわだかまりが起きました。
それを機にお互いに疎遠になり、まったく連絡も取り合わなくなってしまいました。
ときどき風の噂で彼女の話を聞くことはあっても、私から敢えて連絡をとってみる勇気は出ませんでした。
もちろん彼女からも何の連絡もありません。

でも、私の心の中には絶えずわだかまりの根が残り、すっきりしない気持ちがありました。
そうして、いつか和解の時をもちたいと思いながらも年月が流れていきました。

彼女と音信不通になってから5〜6年経った頃、私は旅行でニューヨークを訪れました。
滞在したのはマンハッタンの近くのホテルだったと記憶しています。

その日は、朝から知人を訪問したり視察したりとスケジュールがいっぱいで、ホテルに到着したのは夜の10時を過ぎていました。
そのままシャワーを浴びてベッドに入りたい気持ちもあったのですが、「せっかく初めてニューヨークに来たんだから、少し夜の街を歩いてみよう」と思い、外に出ました。

右も左もよくわからないので、気の向くままにブラブラと歩きながら、お洒落なお店の散策。
そこで、たまたまあるカフェの前を通りかかった時のこと。
なんと!あの「彼女」とバッタリ出くわしてしまったのです。

お互い「アッ!」と叫んだまま、しばらくは言葉が出ませんでした。

「な、なんで・・・あなたがここに居るの?」それがまずはお互いの疑問でした。

彼女はプライベートな旅行中だということでした。
そしてその場でお互いの近況について語り合いました。

日本の東京ではなく、ニューヨークという非日常的な地で再会したことが、私達の過去を一瞬にしてリセットしてくれたのです。

この時以来、私達の友情は更に深くなり、今もずっと続いています。